Skip to main content

第1章

クルクシェトーラの戦場に両軍を見渡す

第1節:
ドリタラーシュトラ問う:サンジャヤよ、聖地クルクシェートラで戦うべく大軍を集結したわが息子たちとパーンドゥの息子たちの形勢はいかがであろうか?
第2節:
サンジャヤ答える: おお王様よ、ドゥルヨーダナ王はパーンドゥの息子方の堅固な陣容を見渡した後、軍師のもとにおもむいてこのように申されました。
第3節:
師よ、ご覧ください。パーンドゥ方の強力な大軍容を。あなたの賢い門人、ドルパダの息子がこれを配置布陣したのです。
第4節:
なかには、ビーマ、アルジュナと並ぶ弓の名手も数多く、ユユダーナ、ヴィラータ、ドルパダ等の大戦士たちもいます。
第5節:
ドリシュタケートゥ、チェーキターナ、カーシー王、またプルジット、クンティボージャ、シャイビャ等の大豪傑
第6節:
ユダーマニウ、ウッタマウジャーやスバドラーとドラウパディーの勇壮きわまる息子たち。彼らは全員剛力無類の戦車乗り。
第7節:
おお最高のブラーフマナよ、参考までにわが軍のすぐれた将軍、指揮官たちも名前をあげて説明しましょう。
第8節:
先生ご自身、ビーシュマ、カルナ、クリパ、アシュワッターマー、ヴィカルナにソーマダッタの息子ブリシュラヴァー。いずれも常勝不敗の豪傑。
第9節:
そのほか我がため命を賭した、あまたの勇士が勢ぞろい。各種の武具をたずさえて、戦い巧者のものばかり。
第10節:
祖父ビーシュマの率いるわが軍は強大なること計り知れず、ビーマの率いるパーンドゥ軍の強さには限界がありましょう。
第11節:
さあ、味方の将軍たち、各自の持ち場にぬかりなく、大元帥のビーシュマ祖父を完全に補佐し支えて下さい。
第12節:
するとクル王家の勇ましき最長老ビーシュマは獅子吼のごとく、ほら貝を高らかに吹き鳴らし、ドゥルヨーダナを喜ばせました。
第13節:
それにつづいて全軍の太鼓、ほら貝、ラッパ、笛などが各所で同時に鳴り響き、耳も聾するさわがしさ。
第14節:
するとパーンドゥ方からは主クリシュナとアルジュナが、白馬に引かれた戦車に乗って、神秘のほら貝を吹き鳴らすのです。
第15節:
主クリシュナはパーンチャジャニヤという名のほら貝を、アルジュナはデーヴァダッタを、怪力無双の大食漢ビーマはものすごいほら貝パウンドラを吹き鳴らしました。
第16-18節:
クンティーの息子、ユディシュティラ王子はアナンタヴィジャヤという名のほら貝を、ナクラはスゴーシャという名の、サハデーヴァはマニプシュパカという名のほら貝を吹き鳴らしました。弓の名人、カーシー王、大戦士のシカンディー、ドリシュタデュムナ、ヴィラータ、向かう敵なきサーティアキ、そしてドルパダ、ドロウパディの息子たち。また王よ、スバドラーの腕自慢の息子が、それぞれにほら貝を鳴らしています。(ドロウパディーはドルパダの娘。スバドラーはクリシュナの妹。二人ともアルジュナの妻)
第19節:
その轟々たるとどろきは天と地とにどよめきわたり、ドリタラーシュトラの息子たちの心の臓をも打ち砕くばかり。
第20節:
王よ、そのときパーンドゥの子アルジュナはハヌマーンの旗印をつけた戦車から弓をつがえてドリタラーシュトラの息子たちを見渡し主クリシュナにこう申されました。
第21-22節:
アルジュナは言いました。決して誤ることなく常に正しいお方よ、どうか私の戦車を両軍の間に引き出してください。私はよく見たいのです。ここに来ている人々を。この重大な戦闘に私と共に戦おうとしている人々を。
第23節:
またドリタラーシュトラの邪悪な心を持つ息子たちに味方をして戦おうと、ここに集まってきた人々を見せて下さい
第24節:
サンジャヤ言う:おおバラタ王の子孫(ドリタラーシュトラのこと)よ、このようにアルジュナに頼まれて、主クリシュナは見事な戦車を両軍の中央に引き出されました。
第25節:
ビーシュマ、ドローナをはじめとして名だたる主将たちが立ち並ぶ前で主は言われました。「プリターの子よ、クル方の陣容を見よ」と
第26節:
アルジュナは見ました。両軍のなかたちには、父たち、祖父たち、先生たち、母方の伯父たち、兄弟、息子、孫、友人たち、また義父たち、好意ある人々が皆いるのを
第27節:
クンティーの子、アルジュナはこの戦場に様々な友達や親類縁者が全て出陣しているのを見て哀切の念にたえず、このように申されました。
第28節:
アルジュナは言いました。いとしのクリシュナよ、友人や親戚の人々が戦意に燃えて私の目の前で戦おうとしているのを見ると、手足はふるえ口はからからに渇きます。
第29節:
体の隅々まで震えおののき、髪の毛は逆さになって立ち、愛弓ガーンディーヴァは手から滑り落ち、全身の肌は熱く燃えるようです。
第30節:
大地に立っていることもできず、心はよろめき、自分を見失っています。おお悪魔ケーシーを殺したクリシュナよ、私には不吉な前兆しか見えません。
第31節:
血縁の人々を殺して、いったい何の益があるのでしょうか。わが愛するクリシュナよ、私は勝利も領土も幸福もほしくない
第32-35節:
おおゴーヴィンダよ、王権と領土、一族の幸福繁栄と、また自らの生涯を確保するために、師弟、父子、祖父と孫たち、伯父たち、義父、義兄弟、その他、親族の者たちがそれぞれの命と全財産を賭して、私の前面で戦おうとしています。おおマドゥスーダナよ、私は彼らに殺されても彼らを殺したくないのです。おお生きとし生けるものの主よ、ドリタラーシュトラの息子を殺して、我らに幸が来るのでしょうか。三界の王者となるためにでも、彼らと戦う気にはなれぬのに。おおジャナールダナよ、ドリタラーシュトラの息子たちを殺して、我らに幸福がくるのでしょうか。
第36節:
おおクリシュナ、幸運の女神の夫よ、侵略者を殺せば、罪はわれらにかかります。ゆえにドリタラーシュトラの息子たちや肉親を殺しても、何一つ益はないのに、いかにして幸福になれるでしょう。
第37-38節:
おおジャナールダナよ、この者たちが貪欲に心を奪われて家族を滅ぼしたり親しい友同士が殺しあうことに罪を感じないとしても、一家一族を全滅させる罪を知りながらなぜわれらはこの地で戦争などをしなければならないのですか?
第39節:
一つの王朝が滅亡するとき永き家系の美風伝統は消えうせ、残された家族の人々は不敬な無信仰者に成り下がるのです。
第40節:
クリシュナよ、家庭が無宗教になれば、家族の婦人たちは堕落してブリシュニの子孫よ、その結果は不必要な人口をもたらすでしょう
第41節:
望ましくない子孫が増えたならば、家族も家庭の破壊者も地獄の苦しみ、祖先も供物の水や食べ物を受けられず、ついに浮かばれなくなりましょう。
第42節:
家族の伝統を壊した者たちの悪行で望まぬ子孫はふえ、社会におけるすべての企画も、一家の福利を維持するための活動も惨めに踏み荒らされることでしょう。
第43節:
クリシュナよ、人類の保護者よ、私は権威ある人々からこう聞いています。家の伝統を破壊した者たちは必ずや地獄に住まうものと。
第44節:
ああ我らは何という大罪を今ここで犯そうとしているのか、王侯の栄華を欲するあまり、血縁の人々を殺そうとしているのです。
第45節:
ドリタラーシュトラの息子たちが武器を手にして私に討ちかかるとも、私は武具を外し、抵抗せずに戦場に立っている方がいいのです。
第46節:
サンジャヤ言う:アルジュナはこのように言って矢も弓もその場に投げ捨て、心は悲しみに打ちひしがれて、戦車の床に座り込みました。