Skip to main content

バガヴァッド・ギーター 1.14

テキスト

tataḥ śvetair hayair yukte
mahati syandane sthitau
mādhavaḥ pāṇḍavaś caiva
divyau śaṅkhau pradadhmatuḥ

Synonyms

tataḥ —その後; śvetaiḥ —白い; hayaiḥ —馬たち; yukte — くびきにつながれた; mahati — 大きな; syandane —戦車;sthitau —位置した; mādhavaḥ — クリシュナ(幸運の女神の夫) ; pāṇḍavaḥ — アルジュナ(パーンドゥの息子); ca —〜もまた; eva —確かに; divyau —超越的な; śańkhau —ほら貝; pradadhmatuḥ —鳴った

Translation

するとパーンドゥ方からは主クリシュナとアルジュナが、白馬に引かれた戦車に乗って、神秘のほら貝を吹き鳴らすのです。

Purport

ビーシュマの吹いたほら貝は普通のものだが、クリシュナとアルジュナが持っているほら貝は、並のものではない。神秘的、超越的なものがある。このほら貝が鳴ると、敵対者には勝利の希望は皆無だ、ということを示す。ほかならぬクリシュナが、パーンドゥ兄弟についているのだから……。Jayas tu pāṇḍu-putrāṇāṁ yeṣāṁ pakṣe janārdanaḥ.勝利は常にパーンドゥ兄弟のごとく、主なるクリシュナとともにある者の上にあり。主クリシュナが在す(おわす)ところ、必ず幸運の女神あり。なぜなら、幸運の女神ラクシュミーは決して、夫なしにはいられないから――。ヴィシュヌ、あるいは主クリシュナによってだされたほら貝の音は、アルジュナに勝利と幸運を約束している。それに、二人が乗っている戦車は、火の神アグニがアルジュナに寄贈してくれたもの――これは、三界いたるところ、あらゆる側面を克服し得る、ということを示している。