Skip to main content

バガヴァッド・ギーター 1.10

テキスト

アパリャープタンタダスマーカン
バランビーシュマビラクシタン
パリャープタントゥヴィダメテシャーム
バランビーマビラクシタム

Synonyms

aparyāptam —計り知れない; tat —それ; asmākam —我々の; balam —力; bhīṣma —祖父ビーシュマによって;abhirakṣitam —完全に守られた; paryāptam —限られた; tu —しかし; idam — これ全て; eteṣām — パーンダヴァ軍の; balam —力; bhīma —ビーマによって; abhirakṣitam —用心深く守られた

Translation

祖父ビーシュマの率いるわが軍は強大なること計り知れず、ビーマの率いるパーンドゥ軍の強さには限界がありましょう。

Purport

ここでドゥルヨーダナは、両軍の強さを比較しています。彼は味方の軍勢の強さは計り知れないと思ってます。全インドで最も経験豊かな将軍、ビーシュマが指揮をとっているからです。一方パーンドゥ軍は経験においてははるかに劣るビーマが、指揮をとっています。ビーシュマの前では吹けば飛ぶような存在だ、と彼は思っています。ですが彼は以前からビーマに対して嫉妬と警戒心を抱いており、もし自分が死ぬ場合は必ずビーマによって息の根を止められるのだという、確信のようなものを持っていました。また同時にビーシュマがついている限り、絶対に負けない、と信じ切ってもいました。とにかくビーシュマはビーマとは比べ物にならぬほど、あらゆる点で優れているのですから。結局この戦いには必ず勝つ。