Skip to main content

第6章

ディヤーナ・ヨーガ

第1節:
バガヴァーン言う:仕事の結果に執着することなく、ただ義務としてそれを行う人は、真のサンニャーシーでありヨーギーであるが、火の供儀や義務を怠る者はそうではない。
第2節:
真の離欲とヨーガは同じもの――そして、ヨーガとは至上者と結合することである。パーンドゥの息子よ、感覚を満足させたいという欲望を放棄しなければヨーギーにはなれない。
第3節:
八段階のヨーガを始めた初心者は、行為(体による修行)することが方法であり、すでにヨーガの完成に達した人は、一切の物質的行為を止めるのが方法である。
第4節:
全てのに対する欲望をすて、感覚を喜ばせるための行動をせず、を求めずに仕事をする人こそヨーガの達成者というべきである。
第5節:
人は心によって魂を向上させ、決して下落させてはいけない。心は制約された魂にとっての友であり、また同時に敵でもあるのだ。
第6節:
心を克服した人にとって心は最良の友であるが、心を克服できない人にとっては心こそ最大の敵である。
第7節:
心を克服した人はすでにスーパーソウルに達し、いとものどかな平安境に住む。彼にとっては幸・不幸も寒暑も名誉も不名誉も全て同じだ。
第8節:
真智を得て大悟徹底したとき人はヨーギーと呼ばれ、自己実現したといわれる。彼は感覚を統御して、超越性に安住し、土も石も黄金も皆、一味平等にる。
第9節:
自分に好意を寄せる者また冷淡な者、友人も敵も、また嫉妬深い者も、も罪人も、どこにも属さぬ者をも、みな平等にる人はまことにれている。
第10節:
ヨーギーは常に心身共にに仕え、人里はなれた所に独り住んで、いつも注意深く心を統御し、欲望と所有感を捨てなければならない。
第11-12節:
ヨーガを実修するには、人里離れた所で地面にクシャ草を積んで、その上に鹿の皮と柔らかい布をかぶせる。それは神聖な場所に置き、心と感覚を統御しハートを清め、精神を一点に集中して修行するのだ。
第13-14節:
体と頭を一直線に立てて、鼻の先端をじっと見つめよ。心乱さず静かにやかに恐れをなくし、性生活を完全に放棄し去って、ハートの中に住む“私”を瞑想せよ。“私”を生涯の究極目標とせよ。
第15節:
このように体と心と行動とを統御する修行を積み上げて、は物質界を脱却し、わがなる神のへと来るのだ。
第16節:
アルジュナよ、ヨーギーになるためにはあまり多く食べ過ぎてはいけない。また、少食に過ぎてもいけない。眠りすぎても睡眠不足でもいけない。
第17節:
食べること、眠ること、仕事をすること、また休養やについても、節度ある習慣を持つ人はヨーガ実修で物質的苦悩を全て除くことが出来る。
第18節:
ヨーギーがヨーガを実修して物欲肉欲をことごとく追放し、心の動きを統御して超越性に安住したとき、ヨーガを達成したといえよう。
第19節:
風の無いところにおいたが決して揺らめくことのないように、心を支配したヨーギーの瞑想はに安定して微動もしない。
第20-23節:
ヨーガの実修によって心の動きを完全に支配した無上の境地をサマーディ(三味)という。清浄心を持つ自己の本質を知見し、を味わい楽しむことである。この喜ばしくめでたき境地にあって人は超越的な歓喜地に位置し、超越的感覚によって自己みずからを楽しむ。この境地に定着すれば真理より離れることはなく、彼は至高最大の宝を得たことを知る。ここに安定すればいかなる困難にも動揺せず、物質から生じる一切の苦より脱しての自由を得るのだ。
第24節:
確固不動の決意と信念を持ってヨーガの修行を続けよ。心の思索より生ずる一切の欲望を捨て、あらゆる方面から全ての感覚を心で統御せよ。
第25節:
十分な確信を持って一歩また一歩とに導かれて三味のに登れ。そして心をただ一つに固定し、他の一切を思うな、考えるな。
第26節:
心の性質は頼りがたく、揺らぎやすい。いついかなることにも動きさまよう。修行者は心を断固として引き戻し、自己の支配下に置かなければならない。
第27節:
に心をえて。不動としたヨーギーは、まことに無上のを得たのである。を超え、自分がと同質なのを悟り、このようにして一切の罪から離れる。
第28節:
絶えずヨーガを行ずる自制のヨーギーは物質界の汚染と束縛から全く解脱し、主への超越的愛の奉仕により、無上の喜びの境地に達する。
第29節:
真のヨーギーは万物の中にを見、またの中に万物を見ている。まことに真理を悟った人は、あらゆる所にを見るのだ。
第30節:
森羅万象いかなるところにもを見、の中に森羅万象を見る人をも必ず見ていて、彼は常にとにある。
第31節:
とスーパーソウルはと知るヨーギーはに仕え礼拝するものであり、どこに居てもまた何をしていても、の中に住み、とともに在る。
第32節:
自分自身に引き合わせ、幸・不幸、あらゆる状況に、全ての背物を真に等質とる。アルジュナよ、彼こそ完全なヨーギーなのだ。
第33節:
アルジュナ言う。:マドゥスーダナよ、あなたの説明して下さったヨーガ体系はとても実行不可能に感じられます。心は動きやすく頼りないのです。
第34節:
クリシュナよ、心は絶えず揺れ動き、すぐ荒れ狂い、そして実に頑迷です。私にとってこれを制御することは風を意のままに支配するより難しい。
第35節:
主シュリー・クリシュナ答える:クンティーの子よ、剛力無双の勇士よ、絶えず動き騒ぐ心を抑制するのは君の言う通り確かに難しいことだが、不断の修練と離欲によって可能である。
第36節:
放逸な心を持った人にとって真理のはきわめて困難だ。だが、心を制御し正しい法にって精進すれば必ず成功する、というのが私の意見だ。
第37節:
アルジュナ問う。クリシュナよ、はじめ信念をもっての道を進んだが、俗心に負けヨーガを完成できなかった超越主義者は、その後いかなる運命になるのでしょうか。
第38節:
大力無双のクリシュナよ、そのような人はへの道を踏み外して、どのへも立場がくなり、千切れ雲のように消滅するのですか。
第39節:
クリシュナよ、これが私の疑問なのです。ぜひこの不安を取り除いてください。私の疑惑を打ち砕くことができるのは、あなたを置いて他にはありません。
第40節:
バガヴァーン答える。プリターの子よ、を求めて、めでたき行いをした人々は、この世でも精神世界でも破滅することはない。友よ、善をなした者は決して悪道にちない。
第41節:
挫折したヨーギーは次生において信心深き者たちの住むへ往き、長い間そこの生活を楽しんだ後で徳高く豊かな貴族の家庭に生まれる。
第42節:
または大いなる知識を備えたの家庭に生まれてくる。地球上においてかかる誕生はまことにまことに稀なのである。
第43節:
クルの子よ、そのような家庭に生まれて、彼は前世で持っていた神聖な意識をよみがえらせてその力を一新し、再び最高の目的に向かって努力するのだ。
第44節:
前世で神聖な意識を持っていた徳により、彼はわれ知らずヨーガの思想にかれる。探究心の強いは常に、宗教儀式を励行するものよりれている。
第45節:
幾多の誕生を繰り返して修行を重ね、誠実に努力して精神的向上に励んで、全てのを洗い清めたヨーギーは、ついに至上の目的地に着くのである。
第46節:
ヨーギーは苦行者より偉大である。ヨーギーは哲学者より偉大である。ヨーギーは有益な働き手より偉大である。ゆえにアルジュナよ、ぜひともヨーギーになれ。
第47節:
だが全てのヨーギーの中で、大いなる信念をもって私に帰依し、献身奉仕をして私を礼拝する者は、ヨーガにおいて最も親密に私と結ばれる。これこそ無上の境地である。