Skip to main content

バガヴァッド・ギーター 6.19

テキスト

yathā dīpo nivāta-stho
neṅgate sopamā smṛtā
yogino yata-cittasya
yuñjato yogam ātmanaḥ

Synonyms

yathā — ~のように; dīpaḥ —; nivāta-sthaḥ —風の無いところで; na — ~しない; ińgate — 揺らめく; sā — これ; upamā — 比較; smṛtā — ~と考えられる; yoginaḥ —ヨーギーの; yata-cittasya — 心を支配した(人); yuñjataḥ — 絶えず従事している; yogam —瞑想に; ātmanaḥ — 超越性について.

Translation

風の無いところにおいたが決して揺らめくことのないように、心を支配したヨーギーの瞑想はに安定して微動もしない。

Purport

本物のクリシュナ意識人は、常に自己の本性——物質を超えた自我に定住していて、絶えず、崇拝の対象である主を瞑想している。その確固不動のありさまは、風なき所にある燈火のようである。