Skip to main content

バガヴァッド・ギーター 6.25

テキスト

śanaiḥ śanair uparamed
buddhyā dhṛti-gṛhītayā
ātma-saṁsthaṁ manaḥ kṛtvā
na kiñcid api cintayet

Synonyms

śanaiḥ — 徐々に; śanaiḥ — 一歩一歩; uparamet — 人は引き止めるべきである; buddhyā — 知性で; dhṛti-gṛhītayā — 確信によって推し進められた; ātma-saḿstham —超越性に位置する; manaḥ — 心; kṛtvā — ~させて; na — ~でない; kiñcit — 他に何も(~でない); api — ~でさえ; cintayet — ~を考えるべきである.

Translation

十分な確信を持って一歩また一歩とに導かれて三味のに登れ。そして心をただ一つに固定し、他の一切を思うな、考えるな。

Purport

正しい確信と知性によって、感覚の活動を次第に静止させる。これをプラティヤーハーラと言う。確信と、瞑想と、感覚作用の停止とを通して統御された心は、必然的にに入る。そこまでいくと、もう物事を物質次元で考える危険はなくなる。ということは、たとえ肉体をまとって物質に取り囲まれていても、真理を体得したければ感覚欲の誘いに負けてはいけない、ということである。スーパーソウル(クリシュナ)を味わう喜び以外の楽しみを考えるな、思うな、ということである。まっすぐクリシュナ意識を修行することによって、この境地に容易に達することができるのである。