Skip to main content

バガヴァッド・ギーター 6.5

テキスト

uddhared ātmanātmānaṁ
nātmānam avasādayet
ātmaiva hy ātmano bandhur
ātmaiva ripur ātmanaḥ

Synonyms

uddharet — 人は救い出さねばならない; ātmanā — 心によって; ātmānam — 制約された魂; na — 決して~でない; ātmānam —制約された魂; avasādayet —堕落する; ātmā — 心; eva — 確かに; hi — 本当に; ātmanaḥ — 制約された魂の; bandhuḥ — 友; ātmā — 心; eva — 確かに; ripuḥ — 敵; ātmanaḥ —制約された魂の.

Translation

人は心によって魂を向上させ、決して下落させてはいけない。心は制約された魂にとっての友であり、また同時に敵でもあるのだ。

Purport

“アートマー”と言うサンスクリット語は状況によって「体」「心」「魂」の意味を表す。ヨーガでは、「心」と「制約された魂」が特に重要である。心がヨーガ実践の中心的役割を持っているので、ここでのアートマーは「心」のことを指している。ヨーガの目的は、心を統御して感覚対象から引き離すことにある。制約された魂を無知の泥沼から引き出すことが出来るように、心を訓練せよと、ここで強調しているのである。物質的存在の中では、人は心と感覚に支配されている。事実、純粋な魂が物質買いに巻き込まれた原因は、物質をにしたいという、心のなのである。だから、物質自然の華麗さに幻惑されないように、心を強くえなければならない。こうすれば制約された魂を救い出せるだろう。感覚対象の魅力に引かれて自分の性質を低下させてはいけない。対象に引きつけられる度合いに正比例して、人は物質存在の泥沼に深く沈むのである。これを予防する最良の方法は、常に心をクリシュナ意識に向けていることである。“ヒ”というサンスクリット語は、そのことを強調し、奨励している。また他に次のような言葉もある。

mana eva manuṣyāṇāṁ
kāraṇaṁ bandha-mokṣayoḥ
bandhāya viṣayāsaṅgo
muktyai nirviṣayaṁ manaḥ

“For man, mind is the cause of bondage and mind is the cause of liberation. Mind absorbed in sense objects is the cause of bondage, and mind detached from the sense objects is the cause of liberation.” (Amṛta-bindu Upaniṣad 2) Therefore, the mind which is always engaged in Kṛṣṇa consciousness is the cause of supreme liberation.