Skip to main content

第3章

カルマ・ヨーガ

第1節:
アルジュナ問う:おおジャナールダナよ、ケーシャヴァよ果報を求める行為より知性にすぐれる方がよいのならなぜ私にこのような身の毛もよだつ恐ろしい戦いをせよと命じるのですか
第2節:
あなたが矛盾したことを言われるので私の理性はとまどっておりますどれが私にとって最善の道なのかなにとぞ明確にお示しください
第3節:
バガヴァーン答える: 罪無きアルジュナよ、すでに説明したようにこの世で自己の本性を悟る人には2種類ある経験哲学的な思索でそれを悟る者と献身奉仕によってそれを知る者と
第4節:
仕事を避けて何もしないでいても人はカルマから解放されないまた出家遁世したからといって完成の境地に達するわけでもない
第5節:
人はすべて好むと好まざるとにかかわらず自然界の性質から来る推進力でただの一瞬といえども活動せずにいられないのだ
第6節:
感覚および行動の器官を抑制しても心が感覚の対象に執着しているのはおのれ自身を欺く者でありその人は詐欺師と呼ばれる
第7節:
心で感覚を抑えてあらゆることに執着せずにカルマ・ヨーガ(クリシュナ意識で)を真剣に行う者彼こそまことにすぐれた人物なのだ
第8節:
定められた義務を遂行せよ。その方が仕事をしないより善である。働かなければ自らの肉体を保つことさえできないからだ。
第9節:
仕事をヴィシュヌへの供物としなければ仕事は人を物質界に縛りつける。ゆえにクンティーの子よ、彼の満足のために義務を果たせ。そうすれば常に束縛されない。
第10節:
創造の始めに造物主は人類と神々をつくり各自にヴィシュヌへの捧げ物(ここでは義務の意)をつけてこの世に送り出しこう言って祝福した『汝らこのヤグニャによって幸いなり。これを達成すれば望むもの全て授けられ解脱に達する』
第11節:
供養をうけて神々は喜び神々もまた人を喜ばせようかくして互いに養いあって世界はあまねく繁栄しよう
第12節:
生活のさまざまな必需品を任せられた神々はヤグニャに満足して人に必要品をすべて供給するその贈り物を受けて楽しみながら神々へ返礼として供養せぬ者は真に盗賊である
第13節:
まず神に供えて、その後で食べる主の献身者たちは、あらゆる種類の罪から開放される。だが自分の感覚を喜ばせるため食べ物を用意する者たちは、まことに罪そのものを食べているのだ。
第14節:
全ての生物は穀物によって生きその穀物は雨あってこそ生じる雨はヤグニャによって降りヤグニャは義務の履行によって可能だ
第15節:
行為の規正はヴェーダより発しヴェーダの源はバガヴァーンであるゆえに万有に遍満する超越者は常にまた永遠に供犠の中に在る.
第16節:
愛するアルジュナよ、ヴェーダによって規定されたこと(供犠)に従わない者は必ずや罪深い生活を送り感覚の喜びのみに浸ってむなしく生を終える
第17節:
だが自己の本性を楽しみ自己実現こそが人生である人自我に全く満足した人にはもはやなすべき義務はない
第18節:
自己実現の人にとっては規定の義務を履行して得る目的物もなくまたその仕事をせずにいる理由もないほかのどの生物にも頼る必要もないのだ
第19節:
ゆえに仕事の結果に執着することなくただ当然の義務としてそれを行え執着心なく働くことによって人は至高者のもとにいくのである
第20節:
ジャナカのような王たちでさえ義務の遂行によって完成の域に達したゆえに世の人々に手本を示すためにも君は自らの仕事に従事すべきである
第21節:
何事によらず偉人の行ったことに一般の人々はつき従っていくものだ彼が立派な行為で模範を示せば世界中の人がそれに達しようとして努めるのだ
第22節:
プリターの子よ、私は三界においてしなければならぬ仕事は何もない何一つ不足なく、何一つ得る必要もないそれでもなお、私は働いている`
第23節:
おおプリターの子よもし私が仕事をしなかったなら必ずや人類はすべて私の真似をして働かなくなるだろう
第24節:
もし私が働くことを止めたら三界はいずれ破滅することになろう不要な人口をつくる原因となり生物すべての平和が壊れるのだ
第25節:
無知の人々は果報を求めて義務を行い、賢明な人々は結果に執着せず活動する。それは多くの人々を正しい道に導くためである
第26節:
果報を求めて働く無知な人の心を賢明な人はかき乱してはならない彼らが仕事を止めずに奉仕の精神で働くように励ますことだ(クリシュナ意識に徐々に進歩するように)
第27節:
偽の自我に左右され困惑した魂は諸活動の行為者は自分自身であり動機も目的も自分固有のものと錯覚する本当は物質自然の三性質によるのにもかかわらず
第28節:
豪勇の士よ、絶対真理の知識を得た人は感覚と感覚の喜びに決してとらわれない神へささげる仕事と果報を求める仕事との相違をよく知っているからだ
第29節:
物質自然の三性質に惑い迷って無知な者は物質的活動に没頭し執着するそれらが無知に起因する愚行であっても賢明な人は彼らの心を不安にしてはいけない
第30節:
ゆえにアルジュナよ、私の完全なる知識で君の仕事をすべて私に任せよ利得を欲せず利己心と惰気を捨ててさあ、立ち上がって戦え
第31節:
私の指し示す通りに義務を行いこの教えに妬心なく誠実に従う者はやがてカルマの鎖を断ち切る
第32節:
だが妬心を起こしてこの教えを無視し、この教えに従って行動しない者は、無知蒙昧の徒となって、人生の完成をのがしてしまう
第33節:
知識ある賢明な人でも生まれつきの性質によって行動する人は誰でも自然生得の傾向に従うものこれに逆らおうとして何になろうか
第34節:
感覚とその対象に感ずる愛着と嫌悪を規制する法則がある 人は感覚とその対象に支配されてはいけない この二つは自己実現の道の障害である
第35節:
他人の義務を引き受けるより不完全でも自分の義務を行う方がはるかによい 他人の道を行く危険をおかすより自分の義務に従って滅びる方がよいのだ
第36節:
アルジュナ問う:おおヴリシュニの子孫である方よ人は自らの意志に反してまで罪深い行動に走る場合がありますがそれは何の力によるものですか
第37節:
バガヴァーン語る:アルジュナよ、それは貪欲なのだ物質の激性に触れて欲望が生じそれは憤怒に変わるまことに貪欲こそ、この世の大敵である
第38節:
煙で覆われた火のように、塵で覆われた鏡のように、また子宮に覆われた胎児のように、生物は異なった程度の欲望に覆われている
第39節:
このように賢い生物の純粋意識は欲望という形の天敵に覆われている それは底なき谷のように飽くことを知らず燃えさかる火のように心身を焼く
第40節:
この欲望は眼耳鼻舌身の五感と心と知性を住処とし本来の知識を覆いかくして生物を迷わせているのだ
第41節:
バラタの最も優れた子孫、アルジュナよまず真っ先に自らの感覚を規制してこの大罪悪者――欲望を拘束しこの知識と実現の破壊者を殺せ
第42節:
作用する感覚は物体より優れ心は感覚より勝っている さらに知性は心より勝りそして魂は知性より上位である
第43節:
おお勇士アルジュナよ、このように本来の自己は五感と心と知性を超えていることを知り精神的知性(クリシュナ意識)で心を制御し精神の力で”欲”という飽くことを知らぬ敵に打ち勝て