Skip to main content

第13章

自然、享楽者、意識

第1・2節:
アルジュナ言う。クリシュナよ、私は物質自然(プラクリティ)と享楽者(プルシャ)、田野と知田者、また知識と知識の対象について知りたいのです。
バガヴァーン、クリシュナは答えられた。クンティーの子よ、この肉体が『田野』であり、この肉体を認識している者が『知田者』である。
第3節:
バラタの子孫よ、この私がまた全ての体の認識者であることを知りなさい。そして体と体の認識者について理解することが知識であると私は考えている。
第4節:
さてこの田野と知田者とは何なのか、どのように変化しまたどこから来るのか、知田者は誰でどんな作用をするのか簡潔に説明するからよく聞きなさい。
第5節:
聖賢はたちはこの知識について多くのヴェーダ文典で様々に表現し説明しているが、特に『ヴェーダーンタ・スートラ』が因果律について道理分明である。
第6・7節:
五大要素、偽我識、知性、未顕現状態、10の感覚器官、心、5感の対象、欲望、憎悪、幸福、悲苦、集合、生命の徴候、信念、およそこれらのものが活動の田野とその相互作用だと考えられている。
第8・9・10・11・12節:
謙遜、虚栄(みえ)を捨てること。非暴力、寛容、正直、正統なグルに近づくこと、清潔、堅忍不抜の精神、自制、感覚満足の対象から心を引き離すこと、偽我識を捨てること、生老病死を苦厄とみなすこと、無執着、妻子家庭に愛着しないこと、快・不快の事にあたって冷静で、至上主(わたし)に対する不動の献身的態度をもち、世俗を離れた静かな地に独居を望み、世間の人々との無益な交際をしないこと、自己の本性を悟ることの重要性を知り絶対真理うぃ哲学的に探究する――以上のことが知識の本質でありこれに反することが無知であるとわたしは明言する。
第13節:
さて、これから可知物について説明しよう。それを知り、君は永遠性を経験できよう。ブラフマンすなわち精神は無始でわたしに従属しこの物質界の因果律を超えている。
第14節:
あらゆるところに主の手、足、目、頭、顔、耳を持つ。あらゆるところに浸透している至高の魂が存在する。
第15節:
スーパーソウルは全感覚の源だが感覚を持たない。一切生命体を維持しながら一切に執着せず、三様式を超越しながら三様式を支配している。
第16節:
動くもの動かぬもの全ての生命体の、内にも外にも至上真理は存在している。至上真理は精妙なので、物質的感覚で見ることも理解することもできない。はるか遠くに存在しまた全てのものの近くにもいる。
第17節:
スーパーソウルは各個のなかに分かれているようにも見えるが決して分かれることなく常にひとつである。スーパーソウルは全生命体を維持しているが、全てを滅ぼし全てを創造すると知れ。
第18節:
主は全ての光るものの光の源であり、物質性の闇を超え、不顕現である。主は知識、知識の対象、知識の目的で、各自のハートに住んでいる。
第19節:
わたしは田野(肉体)と知識、可知物について簡潔に語ってきた。献身者のみこれを完全に理解しわたしのもとに来ることができよう。
第20節:
物質自然と生命体はともに無始である。それらの変化と3様式はともに物質自然の産物である。
第21節:
物質自然はあらゆる物質次元の原因と結果の根源であり、生命体は物質界の多種多様な苦楽の原因であるといえよう。
第22節:
このように生命体は物質自然の中にあって特定の生活様式に従い、物質の三様式を享受する。それは物質自然と係わるからである。このように生命体は様々な種のなかで然や悪に遭遇する。
第23節:
だがこの肉体のなかには超越的な享楽者である主が住んでいる。主は至上の所有者で、生命体を監督し行動を認可し、そしてスーパーソウルとして知られている。
第24節:
物質自然と生命体と物質自然の三様式の相互関係に関する哲学を理解する者は必ず解放を得て、現在どのような地位にいても決してこの世界に再び誕生しない。
第25節:
瞑想によってスーパーソウルを内に知覚する者もいる。知識の素養により、また果報的活動を通じてスーパーソウルを内に知覚する者もいる。
第26節:
またある者は精神的知識について知らないが人から至上者について聞き至上者を崇拝しはじめる。このような人は権威者から聞こうという態度のために生死の鎖から解放されるであろう。
第27節:
バラタの一族の首長よ、動くものも動かぬものも存在する全て、活動の田野と知田者との結合であることを知れ。
第28節:
全ての体の中で個別魂にスーパーソウルが付き添い、必滅に体の中のこの2者が不滅であると知る者は、真実を見る者である。
第29節:
あらゆるところ、あらゆる生命体のなかにスーパーソウルが等しく遍在していると知る者は、心によって堕落することなく至高の目的地へと近づいて行く。
第30節:
物質自然によって創られた肉体により全ての活動は行われ、自己は何も為さないと知る者は真実・実相を見ている。
第31節:
肉体の千差万別による差別観を捨て、生命体が様々な場所に広がっていることを知ったとき、思慮分別のある人はブラフマン意識に達する。
第32節:
永遠の視野を持つ者は不滅の魂が超越的、永遠であり、物質自然の三様式を超えたものであると知ることができる。おおアルジュナよ、肉体と接触しても魂は何も為さず、その影響を受けない。
第33節:
空間は精妙な質を持つためにいたるところに遍在していても何物とも混合しない。同様にブラフマンの視野を持つ魂は肉体の中にあって肉体と混合しない。
第34節:
バラタの子よ、ひとつの太陽がこの全世界を照らしているように、魂は肉体のなかに在って体のすべてを意識で照らしている。
第35節:
知識の眼をもち、肉体とその認識者との違いを知る者は、物質自然の鎖から脱出する方法も知り至上の目的地に到達する。