Skip to main content

バガヴァッド・ギーター 13.35

テキスト

kṣetra-kṣetrajñayor evam
antaraṁ jñāna-cakṣuṣā
bhūta-prakṛti-mokṣaṁ ca
ye vidur yānti te param

Synonyms

kṣetra — 肉体の; kṣetra-jñayoḥ — 肉体の所有者の; evam —このように; antaram — 違い;jñāna-cakṣuṣā — 知識という視野によって; bhūta — 生命体の; prakṛti — 物質自然から; mokṣam — 解放; ca —もまた; ye — ~である人; viduḥ — 知る; yānti— 近づく; te — 彼らは; param — 至上の

Translation

知識の眼をもち、肉体とその認識者との違いを知る者は、物質自然の鎖から脱出する方法も知り至上の目的地に到達する。

Purport

 肉体、肉体の所有者、スーパーソウルの相違点を知るべきであるというのがこの第13章の要旨である。そして人は第8節から第13節に述べられている解放の方法を知らなければならない。そのようにして至上の目的地に至ることができるようになるのである。

 信念のある人はまず良い交際を持ち、神の話を聞き、精神的知識を身につけるべきである。グルを受け入れれば物質と精神の相違を学ぶことができ、より深い真理体得の道を進むことができるようになる。グルは様々な教示を与えて、生命が物質的なものであるという概念から弟子を解放して下さる。たとえば、この『バガヴァッド・ギーター』ではクリシュナがアルジュナをそのように指導していらっしゃる。

 この肉体が物質であることは誰でも知っている。肉体は24の要素に分析でき、粗厚な権現である。そして精妙な顕現とは心と心理現象である。生命の知徴候はこれらの相互作用である。そしてこれらの上に魂があり、スーパーソウルもいらっしゃる。この物質界は魂と24要素の連結相関によって作動している。全物質現象が魂と24要素との組み合わせで生起するという構造を理解し、また至上魂の立場を理解できる者は精神界に移転される資格を持つ。この真理をよく熟考瞑想し、そして体得しなければならない。そして人はグルの助力を受けて、この第13章を完全に理解するよう努めなければならない。

 以上、『シュリーマド・バガヴァッド・ギーター』第13章“自然、享楽者、意識”に関するバクティヴェーダーンタの解説は終了。