Skip to main content

第8章

至上者のもとに到る道

第1節:
アルジュナ問う。――我が主よ、最高至上の御方よ、願わくばブラフマンとは何か、自己とは何か、また、果報的活動、物質現象とは何か、デーヴァとは何ものなのか御説明下さい。
第2節:
マドゥスーダナよ、供犠(ヤグニャ)を受け取る主とは誰ですか。彼は体の中にどのように住んでいるのですか。献身奉仕をしている人は死ぬ時、あなたをどのようにして知ることができるのですか。
第3節:
バガヴァーン語る。――不滅にして超越的たる生物を“ブラフマン”と呼び生物の永遠の性質を“自己(アデャートマ)と呼ぶ。生物の物質の肉体の発達に関する活動を”果報的活動(カルマ)“と呼ぶ。
第4節:
肉体に覆われた者たちのなかの最高者よ、絶え間なく変化している物質自然を“物資現象(アディブータ)と呼ぶ。太陽神(デーヴァ)や月神(デーヴァ)のようなすべてのでーヴァを含む主の宇宙普遍体(ヴィシュヴァ・ルーパ)を”アディダイヴァ“と呼ぶ。そして、肉体に覆われたすべての生物のハートに宿るパラマートマである私・至上主は”供犠の主(アディヤギャ)“と呼ばれる。
第5節:
死の時期がきて、肉体を離れる時に、私だけを想っているものは誰でも、まっすぐに私の郷(くに)に到る。このことに疑いの余地はない。
第6節:
クンティーの子よ、誰でも、この肉体を捨てる時に思っている存在の状態に、まちがいなく移っていく。
第7節:
故にアルジュナよ、常にクリシュナの姿を想いながら君の義務である戦いを遂行せよ。行為を私に捧げ、心と知性を私に固く結びつけておけば、君は疑いなく私のもとに到る。
第8節:
バーラタよ、私をバガヴァーンとして瞑想し、心で絶えず私を想い、この道から逸脱することのない者は必ずや私のもとに到る。
第9節:
全知なる支配者、最古で、最小のものより微小、万物の維持者、全物質概念を超え、不可思議絶妙、そして常に人物である至上主を瞑想せよ。彼は超越的であり、物質主義を超えて、太陽の如く輝く。
第10節:
死の瞬間に生気を眉間に集中し、ヨーガの力により慢心の思慕をもって、完全な献身で至上主を思い出す者は、必ずやバガヴァーンのみもとに達する。
第11節:
ヴェーダを学んでオームを唱える放棄階級の偉大な聖者たちはブラフマンに帰入する。この完成を遂げるには独身禁欲生活が必須だ。私は今、君にこの救いの方法を簡単に説明しよう。
第12節:
ヨーガはすべての感覚的快楽から無執着になることより始まる。感覚のすべての門を閉じて、心をハートに、生気を頭頂に集中してヨーガに入る。
第13節:
このヨーガの行を修めて、聖なる音、至上の文字のオームを唱え、バガヴァーンを想いつつ肉体を捨てる者は、必ず精神惑星に到る。
第14節:
プリターの息子よ、揺らぐことなく常に私を想っている者は、彼の弛まぬ献身奉仕の功徳によって、やすやすと私のもとに来る。
第15節:
私のもとにきた偉大な魂たち、献身者たちは、決して再び苦悩に満ちたこのはかない世界には戻らない。彼らは最高の完成に達したのだから。
第16節:
物質界にある最高から最低の全惑星は、誕生と死を繰り返す苦悩の住処だ。しかし、私の郷に来た者は、クンティーの子よ、決して物質界に再び誕生することはない。
第17節:
地球的計算によれば、(四つの時代を一周期として)ブラフマーの一昼は千周期、そして夜も千周期。
第18節:
ブラフマーの昼が始まると、全生物は姿を現わし、ブラフマーの夜が来ると彼らは再びその姿を消す。
第19節:
何度も何度もブラフマーの夜が明ける度、全生物は現われ出て、ブラフマーの夜が訪れる度、彼らは絶望的に消滅する。
第20節:
だがこの顕現、未顕現の現象を超えて、別の永遠な非顕現自然が実在する。それは至上高にして不滅。この世界のすべてが消滅してもそのまま残る。
第21節:
ヴェーダーンタの学者たちが、非顕現、完全主義と称す最高目的地、そこに到達した者は決して物質界に戻らない、そここそ私の至高郷である。
第22節:
すべてに勝るバガヴァーンのもとには、混じり気のない献身によってのみ到達できる。彼は御自分の至高郷に在りながら、全宇宙を遍満し、万有万物は彼の内に存在する。
第23節:
バーラタ族で最も優れた者よ、ヨーギーがこの世を去ったのちに、再生する時期と再生しない時期について、私はここで説明しよう。
第24節:
火神の支配下にある時、日光が輝く時、一日のうちの吉祥な時間帯、月が満ちていく二週間、太陽が北を行く六ヶ月――至上ブラフマンを知る者がこの時期にこの世を去れば至上主のもとに到る。
第25節:
煙っている時、夜、月が欠けていく二週間、太陽が南を行く六ヶ月――この時期に肉体を離れた神秘家は月の惑星に行くが、再び地球に戻ってくる。
第26節:
ヴェーダによれば、この世界を去るにあたり二つの道――明るい道と暗い道がある。明るい道を行く人は二度と戻らず、暗い道を行く人は、また戻ってくる。
第27節:
アルジュナよ、たとえこの二つの道を知っていても献身者は決してうろたえない。故にたゆまず献身奉仕にはげめ。
第28節:
献身奉仕の道を行く人は、ヴェーダの学習、苦行、慈善、哲学的思索、果報的活動に心費やさずとも、ただ献身奉仕をするだけでこれらすべての成果を得、最終的には永遠の至高郷に到達する。