Skip to main content

第15章

至上者のヨーガ

第1節:
バガヴァーンは言われた。――不滅のバニヤン樹があり、その根は上に向かい枝は下に伸びていて、その葉はヴェーダのマントラであるといわれている。
第2節:
上下に広がる枝々は物質自然の三様式から養分を得ていて、無数の小枝は感覚の対象である。この樹はまた下方に伸びる根を持ち、これらの根は人間社会の果報的活動に結びついている。
第3・4節:
この世界ではこの樹の実際の姿は見えない。始まるところ、終わるところ、根ざすところ、すべて誰にもわからない。だが人は決意を持って、無執着の剣でこの強力な根を持つ樹を切り倒すべきである。そしてひとたび到達すれば戻る必要のない場所を捜し、そこで太古の昔から万物の源であり全てのものをその御体から発散させた御方であるバガヴァーンに服従せよ。
第5節:
偽の名声を求めず、幻想や誤った交際を捨て、永遠性を理解し、物欲を持たず、苦楽の二元性を超越し、惑わされることなく、そして至上主に服従する術(すべ)を知る者は主の永遠の王国に達する。
第6節:
私の住む思考の楽郷(くに)は太陽、月、火や電気に照らされているのではない。そこに達した者は決して再び物質界に戻ることはない。
第7節:
この束縛された政界にいる生命体は、私の永遠なる極微部分である。その生命体たちは束縛されているために、心を含む六感覚のために苦闘している。
第8節:
物質界にいる生命体は、風が芳香を運ぶように各々の様々な生命概念を次の体に運ぶ。このように生命体は様々な種類の体を点々と旅するのである。
第9節:
生命体が次の体の粗厚体を得ると、ある特定の耳、眼、舌、鼻、触感が心のまわりに形成される。このようにして生命体は特定の感覚対象を享楽するのである。
第10節:
生命体がどのようにして体を離れ、そして物質自然の三様式の支配下でどのような種類の体を享受するか愚者には理解できない。しかし知識の眼を持つ者はこれら全てを見ることができる。
第11節:
修行に励み自己を悟った超越主義者たちは、この事実を明らかに知っている。だが心が未熟で自悟(さとり)に至らぬ者たちは、努力しても実際に何が思起こっているのか理解できない。
第12節:
全世界の闇を消す太陽の光はわたしから発している。そして月の輝き、火の光もわたしから発しているのである。
第13節:
わたしはひとつひとつの惑星に入り、わたしのエネルギーで惑星の軌道を回る。わたしは月となって全ての野菜に滋味豊かな生命の水を与える。
第14節:
わたし全生命体の体内にある消化を司る火であり、出入りする生命の気と合してわたしは4種類の食物を消化する。
第15節:
私は全ての人のハートの中に住み、記憶と知識と忘却を与える。全ヴェーダは私を知るためにあり、私が全ヴェーダを知り、私がヴェーダンタの編纂者である。
第16節:
誤つものと誤たぬ者という2つの生命体が存在する。物質界の生命体は全て誤つ者であり、精神界の生命体は全て誤たぬ者とよばれている。
第17節:
これらふたつの者たちとは別に、最も偉大なる生命体が実在する。その至上の魂、不滅の主自身が三界に入ってそれら全てを支えている。
第18節:
わたしは誤つ者、誤たぬ者を超越した最も偉大な実在者である。わたしは世界中で、またヴェーダの中で至上者と称えられている。
第19節:
わたしがバガヴァーンであることを知る者は疑いなく全てのことを知る。バラタの子よ、ゆえにそのような者は完全な献身奉仕を行う。
第20節:
罪なき者よ、これがヴェーダ経典の中で最も神秘的な部分であり、今私がそれを語った。これを理解する者は賢者となり、やがて究極の目的を達するであろう。