Skip to main content

バガヴァッド・ギーター 10.26

テキスト

aśvatthaḥ sarva-vṛkṣāṇāṁ
devarṣīṇāṁ ca nāradaḥ
gandharvāṇāṁ citrarathaḥ
siddhānāṁ kapilo muniḥ

Synonyms

aśvatthaḥ – the banyan tree; sarva-vṛkṣāṇām – of all trees; deva-ṛṣīṇām – of all the sages amongst the demigods; ca – and; nāradaḥ – Nārada; gandharvāṇām – of the citizens of the Gandharva planet; citrarathaḥ – Citraratha; siddhānām – of all those who are perfected; kapilaḥ muniḥ – Kapila Muni.

Translation

私は全樹木のなかでは、菩堤樹。デーヴァの聖者たちのなかではナーラダ。ガソダルヴァたちのなかではチトララタ、完成を遂げた者のなかでは聖者カピラである。

Purport

バニャンの樹―別命菩堤樹は最も高く最も美しい樹木の一つであり、イソドでは、よく人々が朝の行事の一つとして、この樹を礼拝している。デーヴァのなかでは、ナーラダが最も人々の尊敬をうけている。彼は宇宙内で最も偉大な献身者だとされている。したがって彼は献身者としてクリシュナを代表している。ガソダルヴァ惑星には聖歌がすばらしく上手な生物たちで満ちているが、そのなかでもチトララタの歌が最も美しい。完成に達した生物のなかでは、デヴァフーティの息子、カピラがクリシュナを表わしている。彼はクリシュナのアヴァターラと考えられており、彼の哲学は『シュリーマド・バーガヴァタム』に記載してある。後世になって、同名の別人が有名になったが、この別のカピラの哲学は神を信じないものである。だから、同名の二人は全く異った人物である。