Skip to main content

バガヴァッド・ギーター 9.33

テキスト

キマ プナr ブラhマナハ プニャ
バクタ ラジャルシャヤs タタ
アニタヤン アスカマ ロカン
イママ プラピャ バジャスワ マン

Synonyms

kim — どれほど; punaḥ — 再び; brāhmaṇāḥ — ブラフーマナ; puṇyāḥ —正義の; bhaktāḥ — 献身者;rāja-ṛṣayaḥ — 聖主; tathā — ~も; anityam — 時的な; asukham — 苦悩の満ちた; lokam — 惑星;imam — この; prāpya — 得る; bhajasva — 愛情奉仕に従事して; mām — 私に

Translation

ならば、まして正しきブラーフマナや献身者、聖なる王たちはなおさらのこと。だから、儚く悲苦に満ちたこの世界に在っては、私への愛情奉仕をして過ごすことだ。

Purport

この物質界には、人種、階級、など種別がある。だが、結局、誰にとってもこの世界は幸福な場所ではない。それはここにハッキリ書いてある。“アニティヤム・アスカム・ロカム”この世は儚く悲苦に満ち、正気な紳士にとって住み良い所ではない、と。バガヴァーンが、「この世界は儚く悲苦に満ちた地である」と、宣言されたのだ。或る哲学者たちは、殊にマーヤーヴァーディー哲学者たちは、「この世界は偽物である」と言う。だが私たちは『バガヴァッド・ギーター』から、この世界は偽物ではないが、「この世界は一時的な儚いもの」ということが理解できる。偽物と儚いものとは異なる。この世界は儚いものだけれど、これとは別に永遠の世界が別に実在するのだ。

アルジュナは聖なる王家に生まれた。その彼に対しても主はおっしゃった。「私への献身奉仕をして、すみやかに本来の故郷である神の国に帰りなさとと。悲苦に満ちたこの
傍い世界には、一人も残る書へきではない。すべての人が霧ハガヴァーンのふところにすがって、永遠に幸福にならなければならない。至上主への献身奉仕こそ、すべての階級の人のすべての問題を解決する唯一の方法なのだ。だから人は全員、クリシュナ意識を体して人生を完成させるべきである。