Skip to main content

バガヴァッド・ギーター 9.33

テキスト

キマ プナr ブラhマナハ プニャ
バクタ ラジャルシャヤs タタ
アニタヤン アスカマ ロカン
イママ プラピャ バジャスワ マン

Synonyms

kim — どれほど; punaḥ — 再び; brāhmaṇāḥ — ブラフーマナ; puṇyāḥ —正義の; bhaktāḥ — 献身者;rāja-ṛṣayaḥ — 聖主; tathā — ~も; anityam — 時的な; asukham — 苦悩の満ちた; lokam — 惑星;imam — この; prāpya — 得る; bhajasva — 愛情奉仕に従事して; mām — 私に

Translation

ならば、まして正しきブラーフマナや献身者、聖なる王たちはなおさらのこと。だから、儚く悲苦に満ちたこの世界に在っては、私への愛情奉仕をして過ごすことだ。

Purport

この物質界には、人種、階級、など種別がある。だが、結局、誰にとってもこの世界は幸福な場所ではない。それはここにハッキリ書いてある。“アニティヤム・アスカム・ロカム”この世は儚く悲苦に満ち、正気な紳士にとって住み良い所ではない、と。バガヴァーンが、「この世界は儚く悲苦に満ちた地である」と、宣言されたのだ。或る哲学者たちは、殊にマーヤーヴァーディー哲学者たちは、「この世界は偽物である」と言う。だが私たちは『バガヴァッド・ギーター』から、この世界は偽物ではないが、「この世界は一時的な儚いもの」ということが理解できる。偽物と儚いものとは異なる。この世界は儚いものだけれど、これとは別に永遠の世界が別に実在するのだ。

Arjuna was born in a saintly royal family. To him also the Lord says, “Take to My devotional service and come quickly back to Godhead, back home.” No one should remain in this temporary world, full as it is with miseries. Everyone should attach himself to the bosom of the Supreme Personality of Godhead so that he can be eternally happy. The devotional service of the Supreme Lord is the only process by which all problems of all classes of men can be solved. Everyone should therefore take to Kṛṣṇa consciousness and make his life perfect.