Skip to main content

バガヴァッド・ギーター 11.35

テキスト

sañjaya uvāca
etac chrutvā vacanaṁ keśavasya
kṛtāñjalir vepamānaḥ kirīṭī
namaskṛtvā bhūya evāha kṛṣṇaṁ
sa-gadgadaṁ bhīta-bhītaḥ praṇamya

Synonyms

sañjayaḥ uvāca – Sañjaya said; etat – thus; śrutvā – hearing; vacanam – the speech; keśavasya – of Kṛṣṇa; kṛta-añjaliḥ – with folded hands; vepamānaḥ – trembling; kirīṭī – Arjuna; namaskṛtvā – offering obeisances; bhūyaḥ – again; eva – also; āha – said; kṛṣṇam – unto Kṛṣṇa; sa-gadgadam – with a faltering voice; bhīta-bhītaḥ – fearful; praṇamya – offering obeisances.

Translation

サンジャャはドリクラ‐シュトラに言った。―王よ,バガヴァーンからこのような言葉を聞いて、アルジュナは震えながら合掌し、何度も何度もひれ伏して、畏怖のため口ご
もりながら主クリシュナに言上しました。

Purport

前述の説明の通り、バガヴァーンの宇宙普遍相がかもし出した状況のために、アルジュナは驚きのあまりうろたえてしまい、クリシュナに向って何度も何度も尊敬の礼を拝い、
友人としてではなく畏怖した献身者の立場で、どもりながら祈りの言葉をとなえはじめた。