Skip to main content

マントラ17

Mantra Seventeen

テキスト

Text

ヴァーユル アニラン アムリタン
アテヘーダン バハスマーンタン シャリーラン
オーム クラトー スマラ クリタン スマラ
クラトー スマラ クリタン スマラ
vāyur anilam amṛtam
athedaṁ bhasmāntaṁ śarīram
oṁ krato smara kṛtaṁ smara
krato smara kṛtaṁ smara

Synonyms

Synonyms

vāyuḥ—気息; anilam—空気の全貯蔵所; amṛtam—破壊できない; atha—今; idam—この; bhasmāntam—灰になったあと; śarīram—肉体; oṁ—主よ; krato—すべての儀式を楽しむお方よ; smara—どうか思いだしてください; kṛtam—私がしたこと; smara—どうか思いだしてください; krato—至高の受益者; smara—どうか思いだしてください;kṛtam—あなた様にわたしがしたことすべて; smara—どうか思いだしてください。

vāyuḥ — air of life; anilam — total reservoir of air; amṛtam — indestructible; atha — now; idam — this; bhasmāntam — after being turned to ashes; śarīram — body; oṁ — O Lord; krato — O enjoyer of all sacrifices; smara — please remember; kṛtam — all that has been done by me; smara — please remember; krato — O supreme beneficiary; smara — please remember; kṛtam — all that I have done for You; smara — please remember.

Translation

Translation

このはかない肉体を燃やして灰にしよう、そして気息を空気全体に溶けこませよう。主よ、どうか私のすべての犠牲を思いおこしてください。あなた様は究極の受益者ですから、どうか、私があなた様のためにしたことすべてを思いおこしてください。

Let this temporary body be burnt to ashes, and let the air of life be merged with the totality of air. Now, O my Lord, please remember all my sacrifices, and because You are the ultimate beneficiary, please remember all that I have done for You.

Purport

Purport

はかない物質的肉体は外側の衣服にほかなりません。『バガヴァッド・ギーター』(第2章・第20節)は、物質の体が破壊されたあとでも生命体は消滅せず、その正体は失われない、と明言しています。生命体の正体は決して姿のない状態でも非人格でもありません。姿がないのは物質的衣服のほうで、生命体の正体は破壊されることのない人の姿に応じてある種の形をとります。知識の乏しい人がよく勘違いするように、「生命体はもともと姿を持っていない」という考え方はまちがっています。このマントラも、生命体は物質的肉体が消滅したあとにも存在しつづけることを確証しています。

The temporary material body is certainly a foreign dress. The Bhagavad-gītā (2.20) clearly says that after the destruction of the material body the living entity is not annihilated, nor does he lose his identity. The identity of the living entity is never impersonal or formless; on the contrary, it is the material dress that is formless and that takes a shape according to the form of the indestructible person. No living entity is originally formless, as is wrongly thought by those with a poor fund of knowledge. This mantra verifies the fact that the living entity exists after the annihilation of the material body.

物質界で、物質自然はすばらしい手腕を発揮して、生命体が持つさまざまな感覚を満足させる性質に応じてさまざまな肉体を作りあげます。糞が食べたい生命体には、それにふさわしい体、つまり豚の体が与えられます。同様に、肉を食べたい生命体にはそれにふさわしい体、つまり動物の血や肉を楽しんで食べる虎のような体が与えられます。しかし、しかし人間の体は、原始的な状態のときでも肉を食べるようにはできていませんし、人が糞を食べたいと思うこともありません。人間の歯はくだものや野菜を噛むようにできています。2本の犬歯もありますが、これは肉を食べたいと思う未開の人間のために用意されているものです。

In the material world, material nature displays wonderful workmanship by creating varieties of bodies for the living beings according to their propensities for sense gratification. The living entity who wants to taste stool is given a material body that is quite suitable for eating stool – that of a hog. Similarly, one who wants to eat the flesh and blood of other animals may be given a tiger’s body equipped with suitable teeth and claws. But the human being is not meant for eating flesh, nor does he have any desire to taste stool, even in the most aboriginal state. Human teeth are so made that they can chew and cut fruit and vegetables, although there are two canine teeth so that primitive humans can eat flesh if they so desire.

いずれにしても、すべての動物や人間の物質的肉体は生命体にとっては異物です。それは、生命体が感覚を満足させようとする欲望に応じて変化します。進化の度合いによって次から次へと肉体を変えていくのです。世界が水中に没していたころ、生命体は水生体の肉体をとっていました。次に植物から虫、虫から鳥、鳥から動物、動物から人間へと変わっていきました。一番発達した形が人間の体であり、精神的知識もそなわっています。このマントラは、人間の精神的感覚がもっとも発達した状態について述べています。すなわち、私たちはやがて灰になるこの物質的肉体を捨て、気息を永遠な空気の貯蔵所に溶けこませなくてはならないということです。生命体の活動は、肉体の中でプラーナ・ヴァーユ(präëa-väyu)と総称されるさまざまな空気の動きをとおして行なわれます。ヨーギーはふつう体の空気を統制する方法を研究します。魂はある空気の層から次の空気の層へと次第に上昇し、ついにはブラフマ・ランドラ(brahma-randhra)という最上層に達します。完璧なヨーギーは、その状態から自分の望む惑星に行くことができます。これが、ある物質的肉体を捨ててほかの肉体に入るという過程です。しかしそうした変化の最高完成は、このマントラが示しているように、生命体が肉体を完全に捨てさるときに实現されます。そのとき初めて精神界に入ることが許され、精神界ではまったく異質の体、つまり決して死ぬことも変わることもない精神的体に変貌します。

But in any case, the material bodies of all animals and men are foreign to the living entity. They change according to the living entity’s desire for sense gratification. In the cycle of evolution, the living entity changes bodies one after another. When the world was full of water, the living entity took an aquatic form. Then he passed to vegetable life, from vegetable life to worm life, from worm life to bird life, from bird life to animal life, and from animal life to the human form. The highest developed form is this human form when it is possessed of a full sense of spiritual knowledge. The highest development of one’s spiritual sense is described in this mantra: One should give up the material body, which will be turned to ashes, and allow the air of life to merge into the eternal reservoir of air. The living being’s activities are performed within the body through the movements of different kinds of air, known in summary as prāṇa-vāyu. The yogīs generally study how to control the airs of the body. The soul is supposed to rise from one circle of air to another until it rises to the brahma-randhra, the highest circle. From that point the perfect yogī can transfer himself to any planet he likes. The process is to give up one material body and then enter into another. But the highest perfection of such changes occurs only when the living entity is able to give up the material body altogether, as suggested in this mantra, and enter into the spiritual atmosphere, where he can develop a completely different type of body – a spiritual body, which never has to meet death or change.

物質界では、生命体は感覚満足の望みを持っているために物質自然によって体を変えさせられます。こうした欲望は、ばい菌からほぼ完成された物質的肉体――たとえばブラフマーや半神たち――にいたるまで、さまざまな種類の生命体の中に表われています。これらの生物は、さまざまな形をもった物質から成り立っていますが、知的な人は、そのような肉体の中にではなく、肉体の内に宿る精神的正体の中に一体性を見出します。至高主の部分体である精神的火花(魂)は、豚の中であろうと半神の中であろうとまったく同じです。ただし生命体は、敬虔な行動をとるか不道徳な行動をとるかによって、異なる体を得ます。人間の体は、その中でもっとも発達した体であり、はっきりした意識もそなえています。『バガヴァッド・ギーター』(第7章・第19節)によると、もっとも完璧な人物は、知識を修養する生涯を幾度となく経たあと主に身をゆだねるようになります。こうして知者が至高主ヴァースデーヴァに身をゆだねるとき、初めて知識の修養は完成します。しかしたとえ精神的正体に関する知識を獲得したあとでも、「生命体は全体者の永遠な部分体であり、決して全体者と一体にはなれない」という知識に到達しなければ、物質界にふたたび転落します。ブラフマジョーティと一体になったとしても、いつかは落ちていくのです。

Here in the material world, material nature forces the living entity to change his body due to his different desires for sense gratification. These desires are represented in the various species of life, from germs to the most perfected material bodies, those of Brahmā and the demigods. All of these living entities have bodies composed of matter in different shapes. The intelligent man sees oneness not in the variety of the bodies but in the spiritual identity. The spiritual spark, which is part and parcel of the Supreme Lord, is the same whether he is in a body of a hog or in the body of a demigod. The living entity takes on different bodies according to his pious and vicious activities. The human body is highly developed and has full consciousness. According to the Bhagavad-gītā (7.19), the most perfect man surrenders unto the Lord after many, many lifetimes of culturing knowledge. The culture of knowledge reaches perfection only when the knower comes to the point of surrendering unto the Supreme Lord, Vāsudeva. Otherwise, even after attaining knowledge of one’s spiritual identity, if one does not come to the point of knowing that the living entities are eternal parts and parcels of the whole and can never become the whole, one has to fall down again into the material atmosphere. Indeed, one must fall down even if he has become one with the brahma-jyotir.

先のマントラで学んだように、主の超越的な体から出ているブラフマジョーティは、存在意識を持つ個々の生命体である精神的火花(魂たち)で満たされています。生命体はときおり感覚を楽しみたいと考え、その結果物質界に落とされ、感覚の言うなりになって偽の主人として生きます。支配したいという欲望は生命体の持つ物質的病です。感覚の楽しみというこの魔力に引きずられ、生命体は物質界に現われるさまざまな肉体の中を移り住んでいきます。ブラフマジョーティと一体になることが最高の成熟した知識ではありません。至高主に完全に身をゆだね、精神的奉仕という感覚を発達させることによってのみ、人は最高かつ完璧な境地に達するのです。

As we have learned from previous mantras, the brahma-jyotir emanating from the transcendental body of the Lord is full of spiritual sparks that are individual entities with the full sense of existence. Sometimes these living entities want to enjoy their senses, and therefore they are placed in the material world to become false lords under the dictation of the senses. The desire for lordship is the material disease of the living being, for under the spell of sense enjoyment he transmigrates through the various bodies manifested in the material world. Becoming one with the brahma-jyotir does not represent mature knowledge. Only by surrendering unto the Lord completely and developing one’s sense of spiritual service does one reach the highest perfectional stage.

このマントラで生命体は、物質の体と物質の気息とを捨てたあと神の精神王国に入ることができるよう祈っています。献愛者は、自分の体が灰になるまえに、今までしてきた自分の行ないや苦行を思いおこしてくれるよう主に祈ります。その魂は死ぬときに、過去の行ないと、その行ないの究極目標を完全に意識しながらこの祈りを唱えます。物質自然の法則に完全に操られている人は、体を持っていたときの邪悪な行為を死ぬときに思いだすため、死んだあとほかの物質の体に入っていきます。『バガヴァッド・ギーター』(第8章・第6節)はこの真实を次のように述べています。

In this mantra the living entity prays to enter the spiritual kingdom of God after relinquishing his material body and material air. The devotee prays to the Lord to remember his activities and the sacrifices he has performed before his material body is turned into ashes. He makes this prayer at the time of death, with full consciousness of his past deeds and of the ultimate goal. One who is completely under the rule of material nature remembers the heinous activities he performed during the existence of his material body, and consequently he gets another material body after death. The Bhagavad-gītā (8.6) confirms this truth:

ヤン ヤン ヴァーピ スマラン バハーヴァン
テャジャティ アンテー カレーヴァラン
タン タン エーヴァイティ カウンテーヤ
サダー タドゥ・バハーヴァ・バハーヴィタハ
yaṁ yaṁ vāpi smaran bhāvaṁ
tyajaty ante kalevaram
taṁ tam evaiti kaunteya
sadā tad-bhāva-bhāvitaḥ

「クンティーの子よ。肉体を捨てるときに思い浮かべる状態がなんであろうと、その魂は、必ずその状態を手にいれる」。こうして心は、その生命体の気質を次の生にまで運びます。

“Whatever state of being one remembers when he quits his body, O son of Kuntī, that state he will attain without fail.” Thus the mind carries the living entity’s propensities into the next life.

心の発達していない単純な動物とは違って、人間は死にかけているとき、夜夢を見るように、現世でした行為を思いだすことができます。ですから、人間の心は物質的欲望で満たされ、その結果、精神的体になって精神王国に入ることができません。しかし献愛者たちは主へ献愛奉仕をすることによって、至高神への愛という感情をはぐくんでいきます。そんな献愛者が、死ぬときに自分のしてきた神聖な奉仕が思いだせなかったとしても、主のほうでその献愛者を忘れることはありません。このマントラの祈りは、自分の苦行や犠牲を思いおこしてくれるように主にうながしたものですが、主は純粋な献愛者の献愛奉仕を忘れるようなことは決してありません。

Unlike the simple animals, who have no developed mind, the dying human being can remember the activities of his life like dreams at night; therefore his mind remains surcharged with material desires, and consequently he cannot enter into the spiritual kingdom with a spiritual body. The devotees, however, develop a sense of love for Godhead by practicing devotional service to the Lord. Even if at the time of death a devotee does not remember his service to the Lord, the Lord does not forget him. This prayer is given to remind the Lord of the devotee’s sacrifices, but even if there is no such reminder, the Lord does not forget the service rendered by His pure devotee.

主は自分と献愛者のとても親密なつながりを、『バガヴァッド・ギーター』(第9章・第30-34節)ではっきりと述べています。「献愛奉仕をしている者は、もっとも忌まわしいことをしても、正しい決意に支えられているために神聖な人物と考えられる。彼はすぐに有徳の人となり、悠久の平和を手にいれる。クンティーの子よ、わたしの献愛者は決して滅びないことを高らかに宣言せよ。プリターの子よ、わたしに身をゆだねる者は、たとえ女性やヴァイシャ(商業者階級)やシュードラ(労働者階級)のような低い階級の出身でも、最高の目的地に必ず辿りつくことができる。ならば、有徳のブラーフマナ、献愛者、神聖な王たちがどれほどの恩恵を授かるかは言うに及ばない。だからこそ、このはかなく、苦悩の世界に来たからには、わたしへの愛情奉仕に没頭しなさい。心にいつもわたしのことを思い浮かべ、わたしの献愛者になり、わたしに敬意を表わし、そしてわたしを崇拝しなさい。わたしへの思いに完全に没頭するとき、あなたはまちがいなくわたしの元に来ることができる」。

The Lord clearly describes His intimate relationship with His devotees in the Bhagavad-gītā (9.30–34): “Even if one commits the most abominable action, if he is engaged in devotional service he is to be considered saintly because he is properly situated in his determination. He quickly becomes righteous and attains lasting peace. O son of Kuntī, declare it boldly that My devotee never perishes. O son of Pṛthā, those who take shelter in Me, though they be of lower birth – women, vaiśyas [merchants] as well as śūdras [workers] – can attain the supreme destination. How much more this is so of the righteous brāhmaṇas, the devotees and the saintly kings. Therefore, having come to this temporary, miserable world, engage in loving service unto Me. Engage your mind always in thinking of Me, become My devotee, offer obeisances to Me and worship Me. Being completely absorbed in Me, surely you will come to Me.”

これらの節をシュリーラ・バクティヴィノーダ・タークラは次のように詳しく説明しています。「私たちは、クリシュナの献愛者がsu-duräcära(ス・ドゥラーチャーラ)『不道徳な人物』に見えたとしても、正しい道を歩いている聖人として見なくてはならない。このsu-duräcäraの意味を正しく理解すべきである。条件づけられた魂は肉体の維持と自己の悟りという2つの機能のために活動する。社会的地位、心の発達、清潔さ、苦行、栄養、生存競争は、すべて肉体の維持のためにある。自己の悟りとしての活動は、主の献愛者として自分のするべき仕事、そしてそれに関係のある仕事である。これら2つの機能は並行して实行しなくてはならない。条件づけられた魂は肉体の維持を放棄することはできないからである。しかし献愛奉仕をとおしての活動の割合が増えれば、肉体の維持のための活動は減る。献愛奉仕の割合が正しい状態に来なければ、ときには世俗的なものへの欲望が起こる可能性がある。しかしそのような俗な思いは長くはつづかない。なぜなら、その不完全さは主の恩寵によって短期間のうちに正されるからである。だから、献愛奉仕だけが正しい道なのである。正しい道にいれば、ときに起こる俗な思いによって自己の悟りへの努力が妨げられることはない」

Śrīla Bhaktivinoda Ṭhākura explains these verses in this way: “One should regard a devotee of Kṛṣṇa to be on the right path of the saints, even though such a devotee may seem to be su-durācāra, ‘a person of loose character.’ One should try to understand the real purport of the word su-durācāra. A conditioned soul has to act for double functions – namely for the maintenance of the body and again for self-realization. Social status, mental development, cleanliness, austerity, nourishment and the struggle for existence are all for the maintenance of the body. The self-realization part of one’s activities is executed in one’s occupation as a devotee of the Lord, and one performs actions in that connection also. One must perform these two different functions along parallel lines, because a conditioned soul cannot give up the maintenance of his body. The proportion of activities for maintenance of the body decreases, however, in proportion to the increase in devotional service. As long as the proportion of devotional service does not come to the right point, there is a chance for an occasional exhibition of worldliness. But it should be noted that such worldliness cannot continue for long because, by the grace of the Lord, such imperfections will come to an end very shortly. Therefore the path of devotional service is the only right path. If one is on the right path, even an occasional occurrence of worldliness does not hamper one in the advancement of self-realization.”

非人格論者は、献愛奉仕の効能を否定します。なぜなら彼らは、主のブラフマジョーティの様相にあまりにも執着しているからです。前のマントラでも示されましたが、彼らは神の人格を信じないためブラフマジョーティを超えることができません。彼らがしていることは言葉のごまかしと推論です。したがって、このような非人格論者は『バガヴァッド・ギーター』(第12章・第5節)が言うように、無駄に労力を費やしているにすぎません。

The facilities of devotional service are denied the impersonalists because they are attached to the brahma-jyotir feature of the Lord. As suggested in the previous mantras, they cannot penetrate the brahma-jyotir because they do not believe in the Personality of Godhead. Their business is mostly word jugglery and mental speculation. Consequently the impersonalists pursue a fruitless labor, as confirmed in the twelfth chapter of the Bhagavad-gītā (12.5).

このマントラが示している一切の便宜は、絶対真理者の人格的姿といつも接触していればかんたんに手に入ります。主への献愛奉仕は基本的には献愛者によってなされる9つの超越的活動から成りたっています。(1) 主について聞くこと、(2) 主を讃えること、(3) 主を思いうかべること、(4) 主の蓮華の御足に仕えること、(5) 主を崇拝すること、(6) 主に祈りを捧げること、(7) 主に仕えること、(8) 主と友だちとしての交流を楽しむこと、(9) 主にすべてをゆだねること。これら献愛の9つの原則を――全部あるいはただ一つだけでも实行することで、献愛者はいつでも神とふれあうことができます。こうして献愛者は、生涯を閉じるときに主をたやすく思いだすことができます。(1) 『シュリーマド・バーガヴァタム』のヒーローであるマハーラージャ・パリークシットは、主について聞くことで望みを達成した。(2) 『シュリーマド・バーガヴァタム』の語り手であるシュカデーヴァ・
ゴースヴァーミーは、ただ主を讃えただけで完成に達した。(3) アクルーラは、主に祈りを捧げることによって望みを達成した。(4) プラフラーダ・マハーラージャは、主を思いだすことによって望みを達成した。(5) プリトゥ・マハーラージャは、主を崇拝することによって望みを達成した。(6) 幸運の女神ラクシュミーは、主の蓮華の御足に仕えることで完成に達した。(7) ハヌマーンは、主に個人的に奉仕することによって望みを達成した。(8) アルジュナは、主との友人関係をとおして望みを達成した。(9) マハーラージャ・バリは、自分の持っているものすべてを主に差し出すことで望みを達成した。

All the facilities suggested in this mantra can be easily obtained by constant contact with the personal feature of the Absolute Truth. Devotional service to the Lord consists essentially of nine transcendental activities: (1) hearing about the Lord, (2) glorifying the Lord, (3) remembering the Lord, (4) serving the lotus feet of the Lord, (5) worshiping the Lord, (6) offering prayers to the Lord, (7) serving the Lord, (8) enjoying friendly association with the Lord, and (9) surrendering everything unto the Lord. These nine principles of devotional service – taken all together or one by one – help a devotee remain constantly in touch with God. In this way, at the end of life it is easy for the devotee to remember the Lord. By adopting only one of these nine principles, the following renowned devotees of the Lord were able to achieve the highest perfection: (1) By hearing of the Lord, Mahārāja Parīkṣit, the hero of Śrīmad-Bhāgavatam, attained the desired result. (2) Just by glorifying the Lord, Śukadeva Gosvāmī, the speaker of Śrīmad-Bhāgavatam, attained his perfection. (3) By praying to the Lord, Akrūra attained the desired result. (4) By remembering the Lord, Prahlāda Mahārāja attained the desired result. (5) By worshiping the Lord, Pṛthu Mahārāja attained perfection. (6) By serving the lotus feet of the Lord, the goddess of fortune, Lakṣmī, attained perfection. (7) By rendering personal service to the Lord, Hanumān attained the desired result. (8) Through his friendship with the Lord, Arjuna attained the desired result. (9) By surrendering everything he had to the Lord, Mahārāja Bali attained the desired result.

じっさい、このマントラやすべてのヴェーダ聖歌のマントラは、『ヴェーダンタ・スートラ』に要約されていますし、『シュリーマド・バーガヴァタム』の中にまた適切に説明されています。ヴェーダという知恵の木になる成熟した果实、それが『シュリーマド・バーガヴァタム』であり、その中でこのマントラは、マハーラージャ・パリークシットとシュカデーヴァ・ゴースヴァーミーが出会った最初の質問と解答の中で説かれています。神の科学について聞き、語ることは、献愛生活の基本的な原則です。完全な『シュリーマド・バーガヴァタム』がシュカデーヴァ・ゴースヴァーミーによって唱えられ、マハーラージャ・パリークシットがそれを聞きました。マハーラージャ・パリークシットは、シュカデーヴァ・ゴースヴァーミーが当時のヨーギーや超越主義者よりも優れた精神指導者だったからこそ、さまざまな質問をしたのです。

Actually, the explanation of this mantra and of practically all the mantras of the Vedic hymns is summarized in the Vedānta-sūtra and properly explained in Śrīmad-Bhāgavatam. Śrīmad-Bhāgavatam is the mature fruit of the Vedic tree of wisdom. In Śrīmad-Bhāgavatam this particular mantra is explained in the questions and answers between Mahārāja Parīkṣit and Śukadeva Gosvāmī at the very beginning of their meeting. Hearing and chanting of the science of God is the basic principle of devotional life. The complete Bhāgavatam was heard by Mahārāja Parīkṣit and chanted by Śukadeva Gosvāmī. Mahārāja Parīkṣit inquired from Śukadeva because Śukadeva was a greater spiritual master than any great yogī or transcendentalist of his time.

マハーラージャ・パリークシットの主要な質問は、「すべての人間の、特に死ぬ間際の人間の義務はなんでしょうか?」というものでした。シュカデーヴァ・ゴースヴァーミーは次のように答えました。

Mahārāja Parīkṣit’s main question was: “What is the duty of every man, specifically at the time of death?” Śukadeva Gosvāmī answered:

タスマードゥ バハーラタ サルヴァートゥマー
バハガヴァーン イーシュヴァロー ハリヒ
シュロータヴャハ キールティタヴャシュ チャ
スマルタヴャシュ チェーッチャターバハヤン
tasmād bhārata sarvātmā
bhagavān īśvaro hariḥ
śrotavyaḥ kīrtitavyaś ca
smartavyaś cecchatābhayam

「一切の不安から解放されたいと願う人はだれでも、一切万物の最高の指揮者、すべての困難を取り除く方、全生命の超霊魂である人格主神についていつも聞き、讃え、思いださなくてはならない」(『シュリーマド・バーガヴァタム』第2編・第1章・第5節) (Bhāgavatam 2.1.5)

“Everyone who desires to be free from all anxieties should always hear about, glorify and remember the Personality of Godhead, who is the supreme director of everything, the extinguisher of all difficulties, and the Supersoul of all living entities.” (Bhāgavatam 2.1.5)

人間社会では、一般的に夜は睡眠とセックスのために、昼はできるだけ金を稼ぐために、あるいは家族の維持のための買い物に時間が使われます。人格主神について話し合ったり、主について尋ねたりする時間などはほとんどありません。人々はいろいろな理由をつけて神の存在を否定していますが、その中でも、神は姿、感覚、知覚力を持っていない、という考えが中心になっています。しかし多くのヴェーダ経典――ウパニシャッド、『ヴェーダンタ・スートラ』、『バガヴァッド・ギーター』、『シュリーマド・バーガヴァタム』――は、主は感情を持ち、一切の生命の最高者であると主張しています。主の栄光あふれる活動は、主自身とまったく同じです。俗な政治家やいわゆる社会の实力者について聞いたり話したりすることに没頭するべきではありません。1秒も無駄にすることなく、神聖な活動ができるように自分の生活を設計すべきです。『シュリー・イーシャ・ウパニシャッド』は、私たちをそのような神聖な生活に導いてくれます。

So-called human society is generally engaged at night in sleeping and having sex and during the daytime in earning as much money as possible or else in shopping for family maintenance. People have very little time to talk about the Personality of Godhead or to inquire about Him. They have dismissed God’s existence in so many ways, primarily by declaring Him to be impersonal, that is, without sense perception. But in the Vedic literature – whether the Upaniṣads, Vedānta-sūtra, Bhagavad-gītā or Śrīmad-Bhāgavatam – it is declared that the Lord is a sentient being and is supreme over all other living entities. His glorious activities are identical with Himself. One should therefore not indulge in hearing and speaking of the rubbish activities of worldly politicians and so-called big men in society but should mold his life in such a way that he can engage in godly activities without wasting a second. Śrī Īśopaniṣad directs us toward such godly activities.

献愛奉仕をしなければ、体が機能を終える臨終のときになにを思い出せるでしょうか、そして自分がした犠牲について全能の主に思いおこしてくれるよう祈ることができるでしょうか。身の犠牲とは、感覚の要求に応じないということです。私たちは生きているあいだに、感覚を主への奉仕に使うことによってこの技術を身につけなくてはなりません。その修練の結果が、死ぬときに利用されるのです。

Unless one is accustomed to devotional practice, what will he remember at the time of death, when the body is dislocated, and how can he pray to the almighty Lord to remember his sacrifices? Sacrifice means denying the interest of the senses. One has to learn this art by employing the senses in the service of the Lord during one’s lifetime. One can utilize the results of such practice at the time of death.