Skip to main content

第14節

TEXT 14

テキスト

Text

サタタンキールタヤントマーン
ヤタンタシュチャドゥルダハヴラター
ナマシャンタシュチャマーンバクテャー
ニチャユクターウパーサテ
satataṁ kīrtayanto māṁ
yatantaś ca dṛḍha-vratāḥ
namasyantaś ca māṁ bhaktyā
nitya-yuktā upāsate

Synonyms

Synonyms

satatam —常に; kīrtayantaḥ —唱えて; mām —私について; yatantaḥ —完全に努力している; ca — も; dṛḍha-vratāḥ —決意を持ってnamasyantaḥ —尊敬の礼を捧げる; ca— そして; mām — 私を; bhaktyā — 献身で; nitya-yuktāḥ —永久に従事して; upāsate —崇拝

satatam — always; kīrtayantaḥ — chanting; mām — about Me; yatantaḥ — fully endeavoring; ca — also; dṛḍha-vratāḥ — with determination; namasyantaḥ — offering obeisances; ca — and; mām — Me; bhaktyā — in devotion; nitya-yuktāḥ — perpetually engaged; upāsate — worship.

Translation

Translation

常に私の栄光を唱え、堅い決心で努力し、私の前に恭しく身をかがめる――かかる偉大な魂たちは永久に献身的に私を崇拝する。

Always chanting My glories, endeavoring with great determination, bowing down before Me, these great souls perpetually worship Me with devotion.

Purport

Purport

偉大な魂(マハートマー)は普通の人間にゴム印を押したからといってつくられるものではない。彼の特徴がここに書いてある。マハートマーは常に至高主クリシュナの栄光を唱えている。この他に彼の仕事はないのだ。彼は常に主の栄光を賛美している。つまり彼がマーヤーヴァーディーではないということだ。人は何を賛美すればいいのか?至上主を賛美すべきである。主の聖なる御名と、永遠の姿と、超越的な質と、非凡な遊戯(リーラ)を、ほめ讃えるべきなのだ。人はこれらすべてを讃えなければいけない。故にマハートマーはバガヴァーンを恋慕している人のことなのだ。

The mahātmā cannot be manufactured by rubber-stamping an ordinary man. His symptoms are described here: a mahātmā is always engaged in chanting the glories of the Supreme Lord Kṛṣṇa, the Personality of Godhead. He has no other business. He is always engaged in the glorification of the Lord. In other words, he is not an impersonalist. When the question of glorification is there, one has to glorify the Supreme Lord, praising His holy name, His eternal form, His transcendental qualities and His uncommon pastimes. One has to glorify all these things; therefore a mahātmā is attached to the Supreme Personality of Godhead.

至上主の非人格的相であるブラフマジョーティに執着している人は、『バガヴァッド・ギーター』のなかでマハートマーと呼ばれていない。彼らについては次の節で別な方法で説明してある。マハートマーは常に様々な形で献身奉仕の活動をしている。『シュリーマド・バーガヴァタム』に書いてあるように、デーヴァや人間についてではなくヴィシュヌについて聞き、唱える。これが献身というものだ。シュラヴァナム・キルタナム・ヴィシュノ、そしてスマラナム、主を想い出すこと。このようなマハートマーは、5つの超越的な関係(ラサ)のなかのどれかで至上主と交際するという究極の目的に達しようと堅い決心をしている。それを成功させるために彼は心でも体でも声でも、あらゆる手段を使って至上主クリシュナに奉仕しているのだ。これを完全なクリシュナ意識と呼ぶ。

One who is attached to the impersonal feature of the Supreme Lord, the brahma-jyotir, is not described as mahātmā in the Bhagavad-gītā. He is described in a different way in the next verse. The mahātmā is always engaged in different activities of devotional service, as described in the Śrīmad-Bhāgavatam, hearing and chanting about Viṣṇu, not a demigod or human being. That is devotion: śravaṇaṁ kīrtanaṁ viṣṇoḥ and smaraṇam, remembering Him. Such a mahātmā has firm determination to achieve at the ultimate end the association of the Supreme Lord in any one of the five transcendental rasas. To achieve that success, he engages all activities – mental, bodily and vocal, everything – in the service of the Supreme Lord, Śrī Kṛṣṇa. That is called full Kṛṣṇa consciousness.

献身奉仕のなかには、月の満ち欠けの11日目とか、主の降誕した日に断食するというような特定の活動というものがあるが、そういったものは行うのが困難であったとしても実行しなければならない。これらの規定原則は、超越的な世界においてバガヴァーンとの交際を得る資格を真実に求めている人々のために、偉大なアーチャーリヤたちが捧げてくれたものだ。偉大な魂(マハートマー)たちはこれらの規定原則をすべて厳格に守るので、必ず願望を達成することができるのだ。

In devotional service there are certain activities which are called determined, such as fasting on certain days, like the eleventh day of the moon, Ekādaśī, and on the appearance day of the Lord. All these rules and regulations are offered by the great ācāryas for those who are actually interested in getting admission into the association of the Supreme Personality of Godhead in the transcendental world. The mahātmās, great souls, strictly observe all these rules and regulations, and therefore they are sure to achieve the desired result.

この章の第二節で説明したように、この献身奉仕は簡単にできるばかりでなく、至って楽しいムードで行じられるのだ。厳しい苦行をする必要もない。彼はこの人生を、熟達し
グルた精神の師の指導を受けながら献身奉仕をしてすごせばよいのだ。どんな立場にいる人でも、世帯者でもサニャーシーでもブラフマチャーリーでも、世界中のどこにいる人でも、バガヴァーンヘのこの献身奉仕をすることができる。そして実際に偉大な魂になるのだ。

As described in the second verse of this chapter, not only is this devotional service easy, but it can be performed in a happy mood. One does not need to undergo any severe penance and austerity. He can live this life in devotional service, guided by an expert spiritual master, and in any position, either as a householder or a sannyāsī or a brahmacārī; in any position and anywhere in the world, he can perform this devotional service to the Supreme Personality of Godhead and thus become actually mahātmā, a great soul.