Skip to main content

TEXTS 26-27

第26・27節

Texte

テキスト

sad-bhāve sādhu-bhāve ca
sad ity etat prayujyate
praśaste karmaṇi tathā
sac-chabdaḥ pārtha yujyate
サダ-バヱ サドオ-バヱ チャ
サダ イタy エタト プラユjヤテ
プラシャステ カルマニ タタ
サch-チャbダハ パルタ ユjヤテ
yajñe tapasi dāne ca
sthitiḥ sad iti cocyate
karma caiva tad-arthīyaṁ
sad ity evābhidhīyate
ヤジャネ タパsイ ダネ チャ
ストイテエハ サダ イテエ チョチャヤテ
カルマ チャイワ タダ-アルトイヤマ
サダ イタy エワビデエヤテ

Synonyms

Synonyms

sat-bhāve: dans le sens de la nature de l’Absolu; sādhu-bhāve: dans le sens de la nature du dévot; ca: aussi; sat: le mot sat; iti: ainsi; etat: cela; prayujyate: est employé; praśaste: authentiques; karmaṇi: pour les activités; tathā: aussi; sat-śabdaḥ: le son; pārtha: ô fils de Pṛthā; yujyate: est employé; yajñe: pour le sacrifice; tapasi: pour l’austérité; dāne: pour la charité; ca: aussi; sthitiḥ: la situation; sat: l’Absolu; iti: ainsi; ca: et; ucyate: est prononcé; karma: l’action; ca: aussi; eva: certes; tat: pour cela; arthīyam: destinée; sat: l’Absolu; iti: ainsi; eva: certes; abhidhīyate: est indiqué.

sat-bhāve — 至上なるものの性質と言う意味では;sādhu-bhāve — 献身者の性質と言う意味では; ca— もまた; sat — サットという言葉; iti —このように; etat — この;prayujyate — 使われる; praśaste —真正な; karmaṇi — 活動; tathā —もまた; sat-śabdaḥ — サットという音; pārtha— プリターの息子よ; yujyate — 使われる; yajñe — 供犠で;tapasi — 苦行で; dāne — 布施で; ca —もまた; sthitiḥ — 立場; sat — 至上なるもの; iti —このように; ca — そして;ucyate — 言われる; karma — 活動; ca — もまた; eva — 確かに; tat —そのために; arthīyam — 意味した; sat — 至上なるもの; iti — このように; eva — 確かに; abhidhīyate — 示される。

Translation

Translation

Ô fils de Pṛthā, on désigne par le mot sat non seulement la Vérité Absolue, objet du sacrifice dévotionnel, mais aussi l’auteur du sacrifice, ainsi que le sacrifice proprement dit, l’austérité et la charité qui, en accord avec l’Absolu, visent le plaisir de la Personne Suprême.

 おおプリターの子よ、絶対真理が献身的供儀を捧げる対象であり、それは「サット」と呼ばれている。そのような供儀を行う人も「サット」と呼ばれ、至上者を喜ばせるために行われる供儀、苦行、布施は全て絶対自然に忠実で、それらも「サット」と呼ばれる。

Purport

Purport

Les mots praśaste karmaṇi (devoirs prescrits) indiquent qu’il existe de nombreuses prescriptions dans les Écritures védiques consistant en des rites purificatoires qui commencent dès la conception de l’enfant et se poursuivent jusqu’au terme de l’existence. Ces rites purificatoires sont exécutés pour que l’être vivant obtienne la libération ultime. Et lors de leur exécution, il est recommandé de faire vibrer les sons oṁ tat sat.

Quant aux mots sad-bhāve et sādhu-bhāve, ils désignent le niveau absolu. On appelle sattva les actions accomplies dans la conscience de Kṛṣṇa et sādhu celui qui comprend parfaitement la nature de ces actes. Le Śrīmad-Bhāgavatam (3.25.25) enseigne que l’on ne peut appréhender clairement les sujets spirituels qu’en la compagnie des dévots. Les mots utilisés sont satāṁ prasaṅgāt. Le savoir transcendantal ne peut s’acquérir qu’auprès de personnes spirituellement élevées. Lorsqu’un maître initie un disciple ou lui remet le cordon sacré, il fait résonner les sons oṁ tat sat. De même, dans tout yajña, l’objet est l’Absolu, oṁ tat sat.

On désigne par tad-arthīyam tout service offert à ce qui représente l’Absolu, comme le fait de participer aux activités du temple (cuisine ou autre) et à la diffusion des gloires du Seigneur. Ces mots suprêmes, oṁ tat sat, servent à parfaire tout acte et confèrent la plénitude à toute chose.

ヴェーダ文典には受胎の時から死の瞬間に至るまで様々な浄化儀式が規定されているということを、「プラシャステー・カルマニ」(規定原則)という語が示している。そのような浄化儀式は生命体を究極的に解放させるために行われ、それを行うときにはオーム・タット・サットを唱えることが薦められている。「サド・バーヴェ」と「サードゥ・ベーヴェ」という語は超越的状況を表している。クリシュナ意識で行動することはサットヴァと呼ばれ、クリシュナ意識の活動を完全に意識している人はサードゥと呼ばれる。『シュリーマド・バーガヴァタム』(3-25-25)に述べられているように、超越的な話題は献身者と交際することによって明確に理解できるようになる。その節ではサターン・プラサンガートという語が使われていて、良い交際を持たないかぎり超越知識を得ることは不可能であると強調されている。人に入門や聖糸を与えるときにはオーム・タット・サットが唱えられる。同様に供儀を行うときには常に至上者オーム・タット・サットがその対象である。さらにタダルティーヤンという語は、主の寺院内で料理やその他の手伝いをしたり主の栄光を広めるための活動をするなどの主を代表する様々な活動に奉仕をすることを表している。このように至上語オーム・タット・サットは全ての活動を完成させ、あらゆるものを完全にするため様々に使われる。