Skip to main content

TEXT 15

第15節

Texte

テキスト

yasmān nodvijate loko
lokān nodvijate ca yaḥ
harṣāmarṣa-bhayodvegair
mukto yaḥ sa ca me priyaḥ
ヤスマン ノドオヰジャテ ロコ
ロカン ノドオヰジャテ チャ ヤハ
ハルシャマルシャ-バヨドオヱガイr
ムクト ヤハ サ チャ メ プリヤハ

Synonyms

Synonyms

yasmāt: par qui; na: jamais; udvijate: sont tracassés; lokaḥ: les gens; lokāt: les gens; na: jamais; udvijate: n’est troublé; ca: aussi; yaḥ: quiconque; harṣa: du bonheur; amarṣa: du malheur; bhaya: de la crainte; udvegaiḥ: et de l’anxiété; muktaḥ: libéré; yaḥ: qui; saḥ: quiconque; ca: aussi; me: à Moi; priyaḥ: très cher.

yasmāt — (~の者)から; na —決して~ない; udvijate — いらいらさせられる;lokaḥ — 人々; lokāt — 人々から; na —決して~できない; udvijate— 乱される; ca —~も; yaḥ — 誰でも; harṣa —幸福から; amarṣa — 不幸; bhaya —恐れ; udvegaiḥ — そして不安; muktaḥ — 自由になった; yaḥ — ~する(者); saḥ —誰でも; ca— ~もまた; me — 私に; priyaḥ — とても愛しい

Translation

Translation

Celui qui n’est jamais cause de tracas pour autrui et ne se laisse lui-même jamais troubler, que n’affectent ni la joie ni la peine, ni la crainte ni l’anxiété, celui-là M’est très cher.

誰をも困難におとしいれず、誰からも乱されぬ者、幸、不幸、恐れ、不安に処して平静な者、このような人を私は愛する。

Purport

Purport

Ici se poursuit l’énumération des qualités du dévot. Bon envers tous, il n’est cause de difficulté, de crainte, d’angoisse ou de mécontentement pour personne. Même quand on tente de le perturber, il ne se tourmente pas, car, par la grâce du Seigneur, il a appris par expérience à tolérer les assauts du monde extérieur. En fait, la conscience de Kṛṣṇa et le service de dévotion l’absorbent à tel point que rien de matériel ne peut le déranger. En général, un matérialiste est satisfait quand ses sens et son corps jouissent de certains plaisirs, mais se ronge de chagrin et de jalousie quand un autre jouit d’un objet de plaisir auquel il n’a pas accès. Il vit dans la crainte lorsqu’il redoute la vengeance d’un ennemi, et devient morose s’il ne peut s’acquitter d’une tâche avec succès. C’est parce qu’il transcende toutes ces agitations que le dévot est très cher à Kṛṣṇa.

献身者の資格について、ここにもう少し書いてある。献身者は誰かを困らせたり、心配させたり、怖がらせたり、または、いやな思いをさせたりすることがない。献身者は誰に対しての親切だから、他人にそんなことをして悩ませたりしない。と同時に、他人が献身者を不安な状態にしようとしても、彼は乱されない。主の恩寵で、彼は外部からの邪魔や不安材料にビクともしないように修練されている。実際問題として、献身者は常にクリシュナ意識に浸りきり、献身奉仕を行っているのだから、そんな物質次元の状況が彼を動かすことなどできはしない。一般に物質至上主義的な人は、何か自分の体や感覚に快い事物があるときにはとても幸福だが、他人が感覚の満足のために何かをも持っているのに自分はそうでない、ということになると、みじめな気持ちになり、他人を嫉妬するものだ。敵から報復されそうだと思えば恐怖を感じ、何か事がうまく運ばないと、ガッカリする。このような状態をすべて常に超越している献身者を、クリシュナは大そう愛して下さるのだ。