Skip to main content

TEXT 11

第11節

Texte

テキスト

athaitad apy aśakto ’si
kartuṁ mad-yogam āśritaḥ
sarva-karma-phala-tyāgaṁ
tataḥ kuru yatātmavān
アタイタダ アpy アシャクト 'sイ
カルトウマ マダ-ヨガン アシュリタハ
サルワ-カルマ-フアラ-タヤガマ
タタハ クル ヤタトマワン

Synonyms

Synonyms

atha: même si; etat: cela; api: aussi; aśaktaḥ: incapable; asi: tu es; kartum: de faire; mat: pour Moi; yogam: dans le service de dévotion; āśritaḥ: prenant refuge; sarva-karma: de toutes les actions; phala: aux résultats; tyāgam: le renoncement; tataḥ: alors; kuru: fais; yata-ātma-vān: situé dans le soi.

atha — ~だとしても; etat — これ; api —~も; aśaktaḥ —不可能; asi — お前は; kartum — 行う; mat — 私に; yogam — 献身奉仕で; āśritaḥ — 保護を求める;sarva-karma — 全ての活動の; phala — 結果;tyāgam — 放棄; tataḥ — それから; kuru — ~する;yata-ātma-vān — 自己に位置して

Translation

Translation

Mais si tu ne peux non plus agir dans cette conscience divine, alors efforce-toi de renoncer aux fruits de ton labeur et de devenir maître de toi.

しかし、もし君がこの意識で私のために働くこともできぬなら、自分の働きの報果をすべて手離し、自己に位置するように努めよ。

Purport

Purport

Il se peut que, pour des raisons sociales, familiales, religieuses ou autres, un homme soit dans l’impossibilité de montrer qu’il apprécie les activités de la conscience de Kṛṣṇa. Il se peut qu’en le voyant s’attacher à ces activités, sa famille fasse obstacle à une adhésion directe, ou bien qu’il rencontre toutes sortes d’autres difficultés. Si tel est le cas, il faut au moins qu’il sacrifie pour une bonne cause les fruits de son travail. Les règles védiques prescrivent dans cette intention un certain nombre de sacrifices et d’activités particulières (puṇya) dans lesquels on peut investir les fruits de ses actes. Il parviendra alors graduellement à la connaissance. Il arrive que des gens, qui ne sont pas attirés par la conscience de Kṛṣṇa, donnent de l’argent aux hôpitaux, ou à des œuvres caritatives. Ce genre d’activité est également recommandé ici, car renoncer aux fruits durement acquis de son labeur purifie graduellement le mental et permet de mieux comprendre la conscience de Kṛṣṇa. Il ne faudrait toutefois pas en déduire que la conscience de Kṛṣṇa dépende d’autres pratiques, car elle suffit à elle seule à purifier le mental. Mais il est conseillé à celui qui, pour une raison ou pour une autre, ne peut se vouer entièrement à la conscience de Kṛṣṇa, d’offrir le résultat de ses actes. En effet, servir la communauté, la nation, la patrie, etc., pourra le conduire un jour à prendre part au service de dévotion pur. La Bhagavad-gītā (18.46) ne dit-elle pas: yataḥ pravṛttir bhūtānām – si on décide de sacrifier à la cause suprême, sans même savoir que cette cause est Kṛṣṇa, on en vient graduellement à comprendre, de par ce sacrifice même, que Kṛṣṇa est cette cause suprême.

社会的、家庭的、宗教的立場から、また他の障害があって、クリシュナ意識の活動に協力できない、という場合もあるだろう。直接クリシュナ意識の活動に身を投じたくても、過程が猛反対するとか、その他の様々な困難があるということもあるだろう。そんな難題をかかえている人には、「蓄積した仕事の報果を何か善いことのために捧げよ」と勧めている。ヴェーダの規則のなかにこの行いのことは記述されている。供儀(ヤグニャ)、プンニャの特殊な効用、または過去の活動の報果をどのようにそれに見合った仕事に適応すればよいか等々、様々な記述がでている。こうした指示に従っていくことで、人は徐々に正しい知識を身につけ向上していくのだ。クリシュナ意識の活動には全く関心のない人でも、ある種の病院とか社会施設に、苦労して働いて貯めたお金を寄付するという場合もあるが、これもここでは推奨されている。なぜならば、働きの報果を手離す訓練をすることは、必ず人の心をだんだん浄化していくものだからだ。そして心が浄化されれば、クリシュナ意識を理解できるようになるのである。もちろんクリシュナ意識は他の経験に依存するものではなく、クリシュナ意識そのものが心を浄化するのだが、ただクリシュナ意識を受け入れるのに障害のある場合は、自分が働いた報果を手放すように努めなさい、ということなのだ。社会のため、共同体のため、国のため等々に奉仕をすることも認められるだろう。そうしていれば、おそかれ早かれ、至上主に純粋な献身奉仕を捧げる境地にまで到るであろう。『バガヴァッド・ギーター』(18・48)に“ヤタ・プラヴリティル・ブーターナーン”と記されている。至上目的のために捧げようと決心したならば、たとえその人が、“至上目的はクリシュナである”ことを知らなくても、その犠牲の方法によって、やがてだんだんとクリシュナが至上目的だということが理解できるようになってくるのだ。