Skip to main content

Text Twenty-Two

(二十二)

22. After the complete rainy season, the forest of Vṛndāvana was full of fruits like dates and blackberries ripening on the trees and bushes. Lord Śrī Kṛṣṇa, along with His elder brother, Śrī Baladeva, and other cowherd boys of the vicinity, entered the beautiful forest, accompanied by the cows, to display transcendental pastimes with His eternal friends.

22. 雨期がすっかり終わるとヴリンダーヴアンの森の木々は、たわわに熟れたナツメヤシや木毎の実で満たされた。主クリシユナと兄シュリー・バラデーヴァは、近所の牛飼いの去年たちや牛とともに森を訪れ、永遠なる友と超越的な喜びのときを過ごした。

Lord Śrī Kṛṣṇa, the Supreme Personality of Godhead, appears with His personal entourage once in paraphernalia, just to attract the conditioned souls of the material world. Although the material world is only a shadow of the spiritual world, the materially encaged living entities seek spiritual happiness here in a form perverted by materialistic attachment. Empiric philosophers with a poor fund of knowledge imagine a spiritual picture that is impersonal. But the spiritual living being, less attracted by the impersonal form of spiritual emancipation, becomes more attracted by the material form and becomes hopeless of spiritual emancipation.

主シュリー・クリシュナ、人格を持つ神々の中の最高の神は、側近者を伴って四十三億二千万年に一度現れます。ただ物質界の条件づけられた魂を、引きつけるためだけに、主は御自身の卓越した身の回りのものを見せてくれます。物質界は精神界が映し出した影にすぎないのですが、ここに閉じ込められた生物は、物質的執着にゆがめられた形の中で、精神的幸福を探そうとします。知識不足の経験主義哲学者たちは、精神界の様子を非人格的なものとして考えます。しかし精神的な生物は、非人格的な解放にあまり魅力を感じないため、次第に物質の形に引かれるようになり、しまいにはそのような解放に全く失望してしまうのです。

Therefore the Absolute Personality of Godhead, out of His limitless and causeless mercy, descends from the spiritual kingdom and displays His personal pastimes at Vṛndāvana, the replica of the Kṛṣṇaloka planet in the spiritual sky. Vṛndāvana is the most sacred place within this cosmic universe, and people seeking to achieve spiritual emancipation by entering the kingdom of God may make a home at Vṛndāvana and become serious students of the six Gosvāmīs, who were instructed by Lord Śrī Caitanya Mahāprabhu. The six Gosvāmīs were headed by Śrīla Rūpa Gosvāmī, who was followed by Śrīla Sanātana, Śrīla Bhaṭṭa Raghunātha, Śrīla Jīva, Śrīla Gopāla Bhaṭṭa, and Śrīla Raghunātha dāsa Gosvāmī. They were all seriously engaged in research and excavation of the mystery of Vṛndāvana-dhāma.

ですから絶対的な、人格を持つ神々の中の最高の神は、尽きることなく、いわれのない慈悲によってクリシュナローカ精神王国から降りて来て、精神界の肉迩首きぎの複写であるヴリンダーヴアンで、主の親密な喜びの活動を披露します。ヴリンダーヴアンは宇宙全体で最も神聖な場所なので、神の王国に入る精神的な解脱を達成しようと求めている人々は、ヴリンダーヴアンに家を建て、主シュリー・チャイタンニ・ゴースワーミ・シュリー・チャイタンニャ・マハープラブから教えを授かった六人のゴースワミーたちの真剣な弟子となります。六人のゴースワミーたちとは、 Śrīla Rūpa Gosvāmī(シュリールーパゴースワミ)を長に、彼に従う、Śrīla Sanātana(シュリラサナータナ)、 Śrīla Bhaṭṭa Raghunātha(シュリララグナータ)、Śrīla Jīva(シュリージーヴァ)、 Śrīla Gopāla Bhaṭṭa(シュリーゴパーラバッタ)、 and Śrīla Raghunātha dāsa Gosvāmī(シュリーラグナータダーサゴースワミ)のことです。彼らはいずれもVṛndāvana-dhāma(聖地)の神秘についての、研究と聖跡の発掘に、熱心に取り組んでいました。

Lord Śrī Kṛṣṇa, the Supreme Personality of Godhead, appeared at Vṛndāvana about five thousand years ago, and the relics of His appearance at Vṛndāvana were lost from view. But Lord Śrī Caitanya Mahāprabhu, who is the very same Lord Śrī Kṛṣṇa in the form of a great devotee, appeared at Navadvīpa, a district in West Bengal, and excavated the holy places of Lord Śrī Kṛṣṇa's transcendental pastimes. He instructed the above-mentioned six Gosvāmīs to compose authorized literature on the cult of Vṛndāvana, and any serious student anxious to know about the Supreme Lord may take advantage of this invaluable literature and the guidance of authorized scholars and thus know about the Lord of Vṛndāvana, Śrī Kṛṣṇa, the Personality of Godhead.

人格を持つ神々の中の最高の神、主シュリー・クリシュナは、約五千年前ヴリンダーヴアンに出現されましたが、時が経つにつれ、主の聖遺物は見えなくなってしまいました。しかし主シュリー・チャイタンニャ・マハープラブ(偉大な献愛者の姿で現れた主御自身)は、西ベンガル地方の Navadvīpa(ナワドゥヴイーブ)に出現され、主シュリー・クリシュナの超越的な喜びの活動がなされた聖地を発見しました。主は前記した六人のゴースワーミーたちに、ヴリンダーヴアンの信仰について、権威ある文献を書き下ろすように指導しました。そして最高主を知ろうとしている真剣な生徒は、この価値ある文献と、権威ある学者の指導を受け入れることで、ヴリンダーヴアンの主、シュリー・クリシュナこと、人格を持つ神々の中の最高の神について知ることができるのです。