Skip to main content

Invocation

祈願節

Text

テキスト

oṁ pūrṇam adaḥ pūrṇam idaṁ
pūrṇāt pūrṇam udacyate
pūrṇasya pūrṇam ādāya
pūrṇam evāvaśiṣyate
オーム プールナン アダハ   プールナム  イダン
プールナートゥ プールナン  ウダチャテー 
プールナッシャ  プールナン  アーダーヤ
プールナン   エーヴァーヴァシッシャテー

Synonyms

Synonyms

oṁ — the Complete Whole; pūrṇam — perfectly complete; adaḥ — that; pūrṇam — perfectly complete; idam — this phenomenal world; pūrṇāt — from the all-perfect; pūrṇam — complete unit; udacyate — is produced; pūrṇasya — of the Complete Whole; pūrṇam — completely, all; ādāya — having been taken away; pūrṇam — the complete balance; eva — even; avaśiṣyate — is remaining.

oṁ—完全な全体者; pūrṇam—まったく完璧な; adaḥ—それ; pūrṇam—まったく完璧な; idam—この現象世界; pūrṇāt—そのまったく完璧な存在から; pūrṇam—完全な単体;udacyate—作りだされる; pūrṇasya—完全全体者の; pūrṇam—完全に、すべての;ādāya—取りさられて; pūrṇam—完全な平衡状態; eva—~でさえも; avaśiṣyate—残っている。

Translation

Translation

The Personality of Godhead is perfect and complete, and because He is completely perfect, all emanations from Him, such as this phenomenal world, are perfectly equipped as complete wholes. Whatever is produced of the Complete Whole is also complete in itself. Because He is the Complete Whole, even though so many complete units emanate from Him, He remains the complete balance.

人格主神はすべてにおいて完璧であり、また完全無欠な方であるからこそ、この物質現象界のように人格主神から発出されたものは、すべて完璧な全体として機能を備えている。完全全体者である人格主神が作ったものはすべて、それ自体完璧である。人格主神は完全な全体者であるため、人格主神から無数の完璧な単一体が発出されても、人格主神は完璧な調和 を保っている。 

Purport

Purport

The Complete Whole, or the Supreme Absolute Truth, is the complete Personality of Godhead. Realization of impersonal Brahman or of Paramātmā, the Supersoul, is incomplete realization of the Absolute Complete. The Supreme Personality of Godhead is sac-cid-ānanda-vigraha. Realization of impersonal Brahman is realization of His sat feature, or His aspect of eternity, and Paramātmā realization is realization of His sat and cit features, His aspects of eternity and knowledge. But realization of the Personality of Godhead is realization of all the transcendental features – sat, cit and ānanda, bliss. When one realizes the Supreme Person, he realizes these aspects of the Absolute Truth in their completeness. Vigraha means “form.” Thus the Complete Whole is not formless. If He were formless, or if He were less than His creation in any other way, He could not be complete. The Complete Whole must contain everything both within and beyond our experience; otherwise He cannot be complete.

完全全体者、すなわち至高絶対真理者は完全無欠の人格主神です。非人格的ブラフマン (Brahman)やパラマートマー(Paramätmä・超霊魂)の悟りは、絶対真理者を不完全に 理解した境地です。至高人格主神はsac-cid-änanda-vigraha (サッチドゥ・アーナンダ・ヴィ グラハ)(『ブラフマ・サムヒター』第5章・第1節)です。非人格的ブラフマンの悟りは、 主のサット(sat)の悟り、つまり主の永遠性を理解した境地です。パラマートマーの悟り はサット(sac)とチット(cit)の悟り、つまり主の永遠性と知識を理解した境地です。し かし人格主神の悟りは、すべての超越的な様相、つまりsatとcitとänanda(アーナンダ・
至福)を知りつくした境地です。至高者を悟った人は、この3つの状態を完璧にそなえた絶 対真理者を悟ります。Vigrahaは「姿」という意味です。ですから、完全な全体者は無形で はありません。もし神が姿を持たないとしたら、言いかえれば、神が自分で創造したものより务っているのであれば、神は完全とは言えなくなります。完全なる全体者は、私たちが体験してきたもの、または体験を超えたものすべてを備えているはずです。そうでなくては、 神は完全ではあり得ません。

The Complete Whole, the Personality of Godhead, has immense potencies, all of which are as complete as He is. Thus this phenomenal world is also complete in itself. The twenty-four elements of which this material universe is a temporary manifestation are arranged to produce everything necessary for the maintenance and subsistence of this universe. No other unit in the universe need make an extraneous effort to try to maintain the universe. The universe functions on its own time scale, which is fixed by the energy of the Complete Whole, and when that schedule is completed, this temporary manifestation will be annihilated by the complete arrangement of the Complete Whole.

完全な全体者である至高人格主神は無限の力を持っており、その力もまた主と同じように 完全です。ですから、この現象世界もそれ自体完璧に作られています。物質宇宙は、24の主 要元素で構成されている一時的な現象ですが、この宇宙を維持し、存続させるために必要な 一切のものを作りだすよう24元素が配列されています。宇宙内の他のなにかが、この宇宙を 維持していくために余計な努力をする必要はありません。宇宙は、完全全体者のエネルギーによって定められた独自の時間単位に則って動いていますが、その期限がくると、一時的な 現象世界は完全体の完全な取り決めによって破壊されます。 

All facilities are given to the small complete units (namely the living beings) to enable them to realize the Complete Whole. All forms of incompleteness are experienced due to incomplete knowledge of the Complete Whole. The human form of life is a complete manifestation of the consciousness of the living being, and it is obtained after evolving through 8,400,000 species of life in the cycle of birth and death. If in this human life of full consciousness the living entity does not realize his completeness in relation to the Complete Whole, he loses the chance to realize his completeness and is again put into the evolutionary cycle by the law of material nature.

小さな完全固体(生命体)が完全全体者(神)を悟ることができるように、あらゆる便宜が用意されています。完全全体者について不完全な知識を持つと、不完全な物事を体験しなくてはなりません。生命体が人間の体に入るのは、その生命体の意識が完全な状態で現われ たということであり、生と死を繰りかえす中で、840万種の生物体の中を出たり入ったりす る進化の最後に得られるものです。人間として生きているのに「完全全体者と関連する自分の完全さ」を悟らなければ、自分本来の完全さを悟る機会を見逃し、物質自然の法則によっ てふたたび進化の循環の中に置かれます。 

Because we do not know that there is a complete arrangement in nature for our maintenance, we make efforts to utilize the resources of nature to create a so-called complete life of sense enjoyment. Because the living entity cannot enjoy the life of the senses without being dovetailed with the Complete Whole, the misleading life of sense enjoyment is illusion. The hand of a body is a complete unit only as long as it is attached to the complete body. When the hand is severed from the body, it may appear like a hand, but it actually has none of the potencies of a hand. Similarly, living beings are part and parcel of the Complete Whole, and if they are severed from the Complete Whole, the illusory representation of completeness cannot fully satisfy them.

生命を維持するために必要なものが自然界に完備されていることを知らないために、私たちは、感覚満足といういわゆる万全の生活を営むために自然界の資源を利用しようとします。しかし個々の生命は、完全全体者と調和していなければ本当の感覚を楽しむことができないので、自分だけの感覚を満足させようという生活は誤った生き方であり、幻想です。手は体全体とつながっていてこそ完全な固体ですが、体から離れれば、「 手」と呼べても手としての機能は果たせません。同じように、個々の生命体は完全全体者の部分です。部分が全体か ら離れてしまうと、見かけは完全でも、それは生命体に満足は与えてくれません。 

The completeness of human life can be realized only when one engages in the service of the Complete Whole. All services in this world – whether social, political, communal, international or even interplanetary – will remain incomplete until they are dovetailed with the Complete Whole. When everything is dovetailed with the Complete Whole, the attached parts and parcels also become complete in themselves.

人間生活の完成は、完全全体者に奉仕をするときだけに達成できます。この世界のすべての奉仕――社会的、政治的、共同体的、国際的、あるいは宇宙的な奉仕――でも、完全全体者と関係がなければ、完全な奉仕とは言えません。すべてが完全全体者と調和するとき、全 体の部分体も完全になります。