Skip to main content

TEXT 17

第17節

Devanagari

Devanagari

पिताहमस्य जगतो माता धाता पितामह: ।
वेद्यं पवित्रम् ॐकार ऋक् साम यजुरेव च ॥ १७ ॥

Text

テキスト

pitāham asya jagato
mātā dhātā pitāmahaḥ
vedyaṁ pavitram oṁ-kāra
ṛk sāma yajur eva ca
ピタハン アシャヤ ジャガト
マタ ダタ ピタマハハ
ヱダヤマ パヰトラン オマカラ
rk サマ ヤジュr エワ チャ

Synonyms

Synonyms

pitā — father; aham — I; asya — of this; jagataḥ — universe; mātā — mother; dhātā — supporter; pitāmahaḥ — grandfather; vedyam — what is to be known; pavitram — that which purifies; oṁ-kāra — the syllable oṁ; ṛk — the Ṛg Veda; sāma — the Sāma Veda; yajuḥ — the Yajur Veda; eva — certainly; ca — and.

pitā — 父; aham —私は; asya — この; jagataḥ — 宇宙;mātā — 母; dhātā — 支えるもの; pitāmahaḥ — 祖父; vedyam — 知られる; pavitram — 浄化するもの; oḿ-kāra — 音節オーム; ṛk — リグ・ヴェーダ; sāma — サーマ・ヴェーダ; yajuḥ — ヤジュル・ヴェーダ; eva— 確かに; ca — そして

Translation

Translation

I am the father of this universe, the mother, the support and the grandsire. I am the object of knowledge, the purifier and the syllable oṁ. I am also the Ṛg, the Sāma and the Yajur Vedas.

私はこの宇宙の父であり母であり、維持者、老祖である。そして私は知識の目的であり、すべてを浄化するもの。聖音オーム。また、リグ、サーマ、ヤジャルのヴェーダである。

Purport

Purport

The entire cosmic manifestations, moving and nonmoving, are manifested by different activities of Kṛṣṇa’s energy. In the material existence we create different relationships with different living entities who are nothing but Kṛṣṇa’s marginal energy; under the creation of prakṛti some of them appear as our father, mother, grandfather, creator, etc., but actually they are parts and parcels of Kṛṣṇa. As such, these living entities who appear to be our father, mother, etc., are nothing but Kṛṣṇa. In this verse the word dhātā means “creator.” Not only are our father and mother parts and parcels of Kṛṣṇa, but the creator, grandmother and grandfather, etc., are also Kṛṣṇa. Actually any living entity, being part and parcel of Kṛṣṇa, is Kṛṣṇa. All the Vedas, therefore, aim only toward Kṛṣṇa. Whatever we want to know through the Vedas is but a progressive step toward understanding Kṛṣṇa. That subject matter which helps us purify our constitutional position is especially Kṛṣṇa. Similarly, the living entity who is inquisitive to understand all Vedic principles is also part and parcel of Kṛṣṇa and as such is also Kṛṣṇa. In all the Vedic mantras the word oṁ, called praṇava, is a transcendental sound vibration and is also Kṛṣṇa. And because in all the hymns of the four Vedas – Sāma, Yajur, Ṛg and Atharva – the praṇava, or oṁ-kāra, is very prominent, it is understood to be Kṛṣṇa.

すべての宇宙現象は、動くものも動かないものも、クリシュナのエネルギーの様々な活動によって現象しているのだ。物質存在のなかで、私たちは様々な生物と様々な関係をつくっているが、その様々な生物というのはクリシュナの中間エネルギー以外の何ものでもない。物質自然(プラクリティ)の創造過程で、ある者は私たちの父親、母親、祖父、創造者などとして現われる。しかし、真実はすべてクリシュナの一部なのだ。という次第なので、私たちの父母その他として現われているこれらの生物たちは、クリシュナ以外の何ものでもない、ということだ。この節の“ダーター”という語は“創造者”の意味である。私たちの父や母がクリシュナの一部分であるばかりでなく、創造者、祖父、祖母等もクリシュナである。実際すべての生物はクリシュナの一部分なので、クリシュナである。だから、ヴェーダはすべて、クリシュナだけを目的としているのだ。ヴェーダから知りたいと思う知識はどんなものでも、クリシュナを理解するための1ステップなのだ。私たちの本来の立場を浄化するのに助けとなる事物は、ことのはかクリシュナである。同様に、ヴェーダの原則をすべて理解しようと思っている好奇心の強い生物もまた、クリシュナの一部であり、クリシュナである。すべてのヴェーダのマントラにあるプラナヴァと呼ばれる語“オーム”は超越的な音響であり、これもまたクリシュナである。4ヴェーダ(サーマ、ヤジュル、リグ、アタルヴァ)の聖歌のすべてにプラナヴァ、つまりオームカーラがよく使われる。したがってこれらもクリシュナであると理解される。