Skip to main content

TEXT 7

第7節

Devanagari

Devanagari

यदा यदा हि धर्मस्य ग्लानिर्भवति भारत ।
अभ्युत्थानमधर्मस्य तदात्मानं सृजाम्यहम् ॥ ७ ॥

Text

テキスト

yadā yadā hi dharmasya
glānir bhavati bhārata
abhyutthānam adharmasya
tadātmānaṁ sṛjāmy aham
yadā yadā hi dharmasya
glānir bhavati bhārata
abhyutthānam adharmasya
tadātmānaṁ sṛjāmy aham

Synonyms

Synonyms

yadā yadā — whenever and wherever; hi — certainly; dharmasya — of religion; glāniḥ — discrepancies; bhavati — become manifested; bhārata — O descendant of Bharata; abhyutthānam — predominance; adharmasya — of irreligion; tadā — at that time; ātmānam — self; sṛjāmi — manifest; aham — I.

yadā yadā — いつでもどこでも; hi —確かに;dharmasya —宗教の; glāniḥ —矛盾; bhavati —顕著になる; bhārata —おお、バーラタの子孫よ;abhyutthānam —支配; adharmasya —反宗教の;tadā — そのとき; ātmānam —自身; sṛjāmi —現われる;aham — 私は

Translation

Translation

Whenever and wherever there is a decline in religious practice, O descendant of Bharata, and a predominant rise of irreligion – at that time I descend Myself.

宗教が正しく実践されなくなったとき反宗教的な風潮が世にはびこったときおおバラタ王の子孫よ私はいつどこへでも現われる

Purport

Purport

The word sṛjāmi is significant herein. Sṛjāmi cannot be used in the sense of creation, because, according to the previous verse, there is no creation of the Lord’s form or body, since all of the forms are eternally existent. Therefore, sṛjāmi means that the Lord manifests Himself as He is. Although the Lord appears on schedule, namely at the end of the Dvāpara-yuga of the twenty-eighth millennium of the seventh Manu in one day of Brahmā, He has no obligation to adhere to such rules and regulations, because He is completely free to act in many ways at His will. He therefore appears by His own will whenever there is a predominance of irreligiosity and a disappearance of true religion. Principles of religion are laid down in the Vedas, and any discrepancy in the matter of properly executing the rules of the Vedas makes one irreligious. In the Bhāgavatam it is stated that such principles are the laws of the Lord. Only the Lord can manufacture a system of religion. The Vedas are also accepted as originally spoken by the Lord Himself to Brahmā, from within his heart. Therefore, the principles of dharma, or religion, are the direct orders of the Supreme Personality of Godhead (dharmaṁ tu sākṣād bhagavat-praṇītam). These principles are clearly indicated throughout the Bhagavad-gītā. The purpose of the Vedas is to establish such principles under the order of the Supreme Lord, and the Lord directly orders, at the end of the Gītā, that the highest principle of religion is to surrender unto Him only, and nothing more. The Vedic principles push one towards complete surrender unto Him; and whenever such principles are disturbed by the demoniac, the Lord appears. From the Bhāgavatam we understand that Lord Buddha is the incarnation of Kṛṣṇa who appeared when materialism was rampant and materialists were using the pretext of the authority of the Vedas. Although there are certain restrictive rules and regulations regarding animal sacrifice for particular purposes in the Vedas, people of demonic tendency still took to animal sacrifice without reference to the Vedic principles. Lord Buddha appeared in order to stop this nonsense and to establish the Vedic principles of nonviolence. Therefore each and every avatāra, or incarnation of the Lord, has a particular mission, and they are all described in the revealed scriptures. No one should be accepted as an avatāra unless he is referred to by scriptures. It is not a fact that the Lord appears only on Indian soil. He can manifest Himself anywhere and everywhere, and whenever He desires to appear. In each and every incarnation, He speaks as much about religion as can be understood by the particular people under their particular circumstances. But the mission is the same – to lead people to God consciousness and obedience to the principles of religion. Sometimes He descends personally, and sometimes He sends His bona fide representative in the form of His son, or servant, or Himself in some disguised form.

ここでサンスクリット語のスリジャーミ、英語でmanifestと訳される言葉は、大層重要な意味を持っています。スリジャーミというのは、被創造物が生まれるとか造られるとかいう意味で使われる表現ではありません。なぜなら、前節にあるとおり、主の体は創造られたものではなくて、その固有の形は無始無終、永遠の存在なのですから、。したがって、ここでスリジャーミは、主が主ご自身の姿で出現されるという意味です。予定によると、ブラフマーの一日に生まれる十四人のマヌのうち、第七番目のマヌの二十八時代であるドヴァーパラ・ユガの終末期に、主は出現されることになっています。ですが、彼はそうした規則には全くとらわれない方であり、何事もしたいようになさる、完全に自由自在な方なのです。ですから主はいつでも、世界が反宗教的な思想で支配されそうになったり、真正な宗教が消滅したりするときに、ご自分の意志でこの世に出現なさいます。宗教の原理原則は、諸ヴェーダに明確に述べられているのであって、その模範に少しでも合わない行いをしていると、人は次第に精神的に低落していきます。『バーガヴァタム』には、ヴェーダの宗教規範は、神の定めた法律だとあります。宗教のシステムを作り出すことができるのは、ただ主なる神のみです。諸ヴェーダも初めに神ご自身がブラフマーの心に語られたものだとされています。ですから宗教におけるさまざまな法則は、バガヴァーンが直接に人間へ下された命令なのです。この正しい宗教の原理原則が、バガヴァッド・ギーター全体に、はっきりと示されています。至上主の命令のもとに、法の道筋を明確に通すのが、全ヴェーダの目的であり、そしてギーターの最後には、主自らが、最高の道、宗教の究極点を定めて下さいました。それは「主のみに全託せよ」です。ヴェーダの法則は、人を神に完全に身を委ねさせるためにあります。そしてこの法が悪魔族に乱されたときに、主は出現なさいます。『バーガヴァタム』を学ぶと、主ブッダはクリシュナの化身だったことがわかります。唯物思想が世にはびこり、物質至上主義者たちが、ヴェーダを自分たちの都合のいいように解釈して、それを口実にして勝手な振る舞いをしていたときに、ブッダはこの世に現われました。ヴェーダには、動物の犠牲について、ある特殊な目的のためにだけ、厳密な規則にしたがって行うようにとの指示があるのに、悪魔的な心情をもつ人々は、ヴェーダの規則を無視して、「ヴェーダは動物の犠牲を許可している」とばかりに、むやみにこれを行っていました。人々にこの愚行を止めさせ、不殺生、非暴力というヴェーダのおきてを確立するために主ブッダは出現したのです。このように、主の化身はそれぞれに独特の使命をもって出現します。このことは、すべて啓示聖典に記されています。聖典に指摘されてもいないのに、アヴァターラと称してはいけません。では、主はインドの土地だけに現われるのか?そんなことはありません。主はどんなところにでも、どこへでも出現なさいます。主が現われようと希望したときに、いつでも、どこにでも。主は化身して、一定の環境にある一定の人々に理解できるような、宗教を説いて下さいます。ですが、どの化身も役目は同じ。人々の意識を神意識へと高め、法の道に従わせることです。時には主ご自身が現われることもあるし、時には神の子、神の召使という形で真正な使者を送ることもあります。さらに何かの姿に変装して現われることもあります。

The principles of the Bhagavad-gītā were spoken to Arjuna, and, for that matter, to other highly elevated persons, because he was highly advanced compared to ordinary persons in other parts of the world. Two plus two equals four is a mathematical principle that is true in the beginner’s arithmetic class and in the advanced class as well. Still, there are higher and lower mathematics. In all incarnations of the Lord, therefore, the same principles are taught, but they appear to be higher and lower in varied circumstances. The higher principles of religion begin with the acceptance of the four orders and the four statuses of social life, as will be explained later. The whole purpose of the mission of incarnations is to arouse Kṛṣṇa consciousness everywhere. Such consciousness is manifest and nonmanifest only under different circumstances.

バガヴァッド・ギーターの教程は、アルジュナに向かって、また彼のように高い精神的な段階の人々に向かって語られました。彼らは世界の他の地域の人々に較べて、高度な精神的進歩をとげていたからです。2+2=4という数式は小学校の算数でも大学の数学でも同じように通用します。ですが、数学には、ごく初歩的なものから高等数学まであります。したがって主の化身は、同じ原理を説いているのですが、出現する時代と環境(人の民族性や、国情や教育程度など)いに応じて、あるいは高等数学をあるいは足し算引き算だけを教えます。高度の宗教は、人間社会に4区分と4階級が定着するのとともに、始まります。このことについては後で説明します。とにかく、神の化身たちの全目的は、人々のクリシュナ意識を目覚めさせることです。この意識は、時代と環境に応じて、現われたり現われなかったりするのです。