Skip to main content

TEXT 13

第13節

Devanagari

Devanagari

देहिनोऽस्मिन्यथा देहे कौमारं यौवनं जरा ।
तथा देहान्तरप्राप्तिर्धीरस्तत्र न मुह्यति ॥ १३ ॥

Text

テキスト

dehino ’smin yathā dehe
kaumāraṁ yauvanaṁ jarā
tathā dehāntara-prāptir
dhīras tatra na muhyati
デヒノースミンヤターデヘー
コーマラムヨウヴァナムジャラ
タタハーデーハンタラプラプティール
ディーラスタットラーナムヒャティ

Synonyms

Synonyms

dehinaḥ — of the embodied; asmin — in this; yathā — as; dehe — in the body; kaumāram — boyhood; yauvanam — youth; jarā — old age; tathā — similarly; deha-antara — of transference of the body; prāptiḥ — achievement; dhīraḥ — the sober; tatra — thereupon; na — never; muhyati — is deluded.

dehinaḥ —肉体をまとった者の; asmin — この中の; yathā — ~のように; dehe — 肉体において; kaumāram —少年; yauvanam —青年;jarā —老年; tathā —同様に; deha-antara —肉体を変えることの; prāptiḥ —達成; dhīraḥ —目覚めた人;tatra — それに関して; na —決して~でない; muhyati —惑わされる.

Translation

Translation

As the embodied soul continuously passes, in this body, from boyhood to youth to old age, the soul similarly passes into another body at death. A sober person is not bewildered by such a change.

肉体をまとった魂は死後捨身して直ぐ他の体に移る自己の本性を知る魂はこの変化を平然と見る

Purport

Purport

Since every living entity is an individual soul, each is changing his body every moment, manifesting sometimes as a child, sometimes as a youth and sometimes as an old man. Yet the same spirit soul is there and does not undergo any change. This individual soul finally changes the body at death and transmigrates to another body; and since it is sure to have another body in the next birth – either material or spiritual – there was no cause for lamentation by Arjuna on account of death, neither for Bhīṣma nor for Droṇa, for whom he was so much concerned. Rather, he should rejoice for their changing bodies from old to new ones, thereby rejuvenating their energy. Such changes of body account for varieties of enjoyment or suffering, according to one’s work in life. So Bhīṣma and Droṇa, being noble souls, were surely going to have spiritual bodies in the next life, or at least life in heavenly bodies for superior enjoyment of material existence. So, in either case, there was no cause of lamentation.

 どの生物も個別の魂であり、一瞬一瞬、絶え間なく体を変化されて、あるときは、あどけない子供の相を、またあるときはみずみずしい青年の相を、そして終わりが近づくと枯れ果てた老人の相を表現する。外の姿は変わっても、内なる魂は何も変化しない。個々の魂は最後には体そのものを換えて転生する。それが物質的な体にせよ、もっと精妙な精神的な体にせよ、いずれにせよ転生したら必ず別の体を具えるのである。ゆえに、アルジュナが“死”を嘆く理由は全くない。ビーシュマ祖父のことも、ドローナ先生のことも、なに一つ心配する必要はない。むしろ、老いて古びた体から新しい体に変わる――彼らのエネルギー更新を祝ってあげるのが本当である。次の体が喜ばしいものか悲しむべきものかは、今生でどんな行いをしたかによって正確に定まる。ビーシュマやドローナは、まことに気高い魂なのだから、次生では必ずや精神的な体を持つか、少なくとも物質的存在としては最高に楽しく天界で生活するはずである。どちらにしても、いったい、どこに悲しむ理由があるだろうか。

Any man who has perfect knowledge of the constitution of the individual soul, the Supersoul, and nature – both material and spiritual – is called a dhīra, or a most sober man. Such a man is never deluded by the change of bodies.

 個々の魂。スーパーソウル。そして物質と精神の本性。この3つのことについて完全な知識をもっている人を、ディーラ(最も目覚めた人)と呼ぶ。この人は、生物の体相の変化に決してだまされず、もちろん、悩むこともない。

The Māyāvādī theory of oneness of the spirit soul cannot be entertained, on the ground that the spirit soul cannot be cut into pieces as a fragmental portion. Such cutting into different individual souls would make the Supreme cleavable or changeable, against the principle of the Supreme Soul’s being unchangeable. As confirmed in the Gītā, the fragmental portions of the Supreme exist eternally (sanātana) and are called kṣara; that is, they have a tendency to fall down into material nature. These fragmental portions are eternally so, and even after liberation the individual soul remains the same – fragmental. But once liberated, he lives an eternal life in bliss and knowledge with the Personality of Godhead. The theory of reflection can be applied to the Supersoul, who is present in each and every individual body and is known as the Paramātmā. He is different from the individual living entity. When the sky is reflected in water, the reflections represent both the sun and the moon and the stars also. The stars can be compared to the living entities and the sun or the moon to the Supreme Lord. The individual fragmental spirit soul is represented by Arjuna, and the Supreme Soul is the Personality of Godhead Śrī Kṛṣṇa. They are not on the same level, as it will be apparent in the beginning of the Fourth Chapter. If Arjuna is on the same level with Kṛṣṇa, and Kṛṣṇa is not superior to Arjuna, then their relationship of instructor and instructed becomes meaningless. If both of them are deluded by the illusory energy (māyā), then there is no need of one being the instructor and the other the instructed. Such instruction would be useless because, in the clutches of māyā, no one can be an authoritative instructor. Under the circumstances, it is admitted that Lord Kṛṣṇa is the Supreme Lord, superior in position to the living entity, Arjuna, who is a forgetful soul deluded by māyā.

 魂になれば、皆同じだ、というのがマーヤーヴァーディーの論理だが、では、魂が細かく断片に砕き分けられるものだというのであろうか。そんな考えはとても受け入れられない。そうすると、至上者は裂けたり変化したりするものだということになり、“スーパーソウルは不動不変”という原理に反することになる。
 『ギーター』で確認されている限り、至上者の断片部分は“クシャラ”と呼ばれていて、それは永遠の存在(サナータナ)であるが、物質力の影響下に入りやすい傾向を持つ。彼らは永遠の存在だから、いわゆる“解脱”した後も同一の個人としての魂でありつづける。ただ、ひとたび解脱すれば――自己の本性を悟れば、その後はバガヴァーンとともに歓喜と知識に満ちた永遠の生活をする。個々の生物にパラマートマーとして宿るスーパーソウルが、個々の生物と異なることは、反映の理論を当てはめてみるとわかりやすい。空が水面に映るとき、太陽か月、それから星々の姿も映像として見える。小さい星々は生物たち。太陽また月は至上主にたとえられる。至上なる魂はバガヴァーン、シュリー・クリシュナであり、アルジュナは極小な魂を代表している。両者は同一レベルの存在ではない。そのことは第4章の始めのところで明白になる。もしアルジュナがクリシュナと同じレベルにあり、クリシュナがアルジュナよりすぐれていないならば、教える者と教えられる者、という関係は無意味になる。もし両者とも幻想エネルギー(マーヤ―)に惑わされているのなら、教えたり教えられたりする必要はない。無意味である。そんな“教え”は何の役にもたたない。なぜなら、マーヤーに捕らえられている者は、正しい、権威ある、そして信頼できる教師にはなり得ないからである。したがってこの場合、主クリシュナは至上主であり、アルジュナはマーヤーに惑わされている生物、ということなのである。