Skip to main content

TEXT 12

第12節

Devanagari

Devanagari

न त्वेवाहं जातु नासं न त्वं नेमे जनाधिपाः ।
न चैव नभविष्यामः सर्वे वयमतः परम् ॥ १२ ॥

Text

テキスト

na tv evāhaṁ jātu nāsaṁ
na tvaṁ neme janādhipāḥ
na caiva na bhaviṣyāmaḥ
sarve vayam ataḥ param
ナトヴェーヴァハンジャトゥナサン
ナトヴァンネメジャナディパー
ナチャイヴァナバーヴィシャマー
サルヴェーヴァヤマタパラン

Synonyms

Synonyms

na — never; tu — but; eva — certainly; aham — I; jātu — at any time; na — did not; āsam — exist; na — not; tvam — you; na — not; ime — all these; jana-adhipāḥ — kings; na — never; ca — also; eva — certainly; na — not; bhaviṣyāmaḥ — shall exist; sarve vayam — all of us; ataḥ param — hereafter.

na – never; tu – but; eva – certainly; aham – I; jātu – at any time; na – did not; āsam – exist; na – not; tvam – you; na – not; ime – all these; jana-adhipāḥ – kings; na – never; ca – also; eva – certainly; na – not; bhaviṣyāmaḥ – shall exist; sarve vayam – all of us; ataḥ param – hereafter.na —決して でない; tu — しかし; eva —確かに; aham —私が; jātu — どんな時でも
; na — しなかった; āsam —存在する; na — でない; tvam — あなたが; na— でない; ime — これら全ての; jana-adhipāḥ —王たち; na —決して でない; ca — もまた; eva —確かに; na — でない bhaviṣyāmaḥ —存在するだろう;sarve vayam —我々全員; ataḥ param — この後.

Translation

Translation

Never was there a time when I did not exist, nor you, nor all these kings; nor in the future shall any of us cease to be.

私も、君も、ここにいる王たちもかつて存在しなかったことはなく将来、存在しなくなることもない始めなく終わりなく永遠に存在しているのだ

Purport

Purport

In the Vedas – in the Kaṭha Upaniṣad as well as in the Śvetāśvatara Upaniṣad – it is said that the Supreme Personality of Godhead is the maintainer of innumerable living entities, in terms of their different situations according to individual work and reaction of work. That Supreme Personality of Godhead is also, by His plenary portions, alive in the heart of every living entity. Only saintly persons who can see, within and without, the same Supreme Lord can actually attain to perfect and eternal peace.

 あらゆる生物は、それぞれのカルマ(行動、及びその反作用)によって、異なった位置と状態で存在します。こうした無数の生物の存在を維持するのが、バガヴァーンである、と『ヴェーダ』『カタ・ウパニシャッド』または『シュヴェーターシュヴァタラ・ウパニシャッド』のなかで説明されています。そのバガヴァーンの一部分は、生物ひとつひとつのハートの中に在って生きています。聖者と呼ばれているような人々だけが、自己の内にも外にも同一の神が存在することを知って、永遠絶対の平安を得ることができるのです。

nityo nityānāṁ cetanaś cetanānām
eko bahūnāṁ yo vidadhāti kāmān
tam ātma-sthaṁ ye ’nupaśyanti dhīrās
teṣāṁ śāntiḥ śāśvatī netareṣām
nityo nityānāṁ cetanaś cetanānām
eko bahūnāṁ yo vidadhāti kāmān
tam ātma-sthaṁ ye ’nupaśyanti dhīrās
teṣāṁ śāntiḥ śāśvatī netareṣām

(Kaṭha Upaniṣad 2.2.13)

(Kaṭha Upaniṣad 2.2.13)

The same Vedic truth given to Arjuna is given to all persons in the world who pose themselves as very learned but factually have but a poor fund of knowledge. The Lord says clearly that He Himself, Arjuna and all the kings who are assembled on the battlefield are eternally individual beings and that the Lord is eternally the maintainer of the individual living entities both in their conditioned and in their liberated situations. The Supreme Personality of Godhead is the supreme individual person, and Arjuna, the Lord’s eternal associate, and all the kings assembled there are individual eternal persons. It is not that they did not exist as individuals in the past, and it is not that they will not remain eternal persons. Their individuality existed in the past, and their individuality will continue in the future without interruption. Therefore, there is no cause for lamentation for anyone.

このヴェーダの真理がここで、アルジュナに授けられるのです。彼ばかりではなく、自分では学識があると自惚れているが実際は、ごく貧弱な知識しか持ち合わせていない世の全ての人々に。主なる神は、はっきりおっしゃいます。神ご自身、アルジュナ、そしてこの戦場に集まっている王族たちは、永久に個別の存在であり、主なる神は永遠に、個々の生物の支え手であり養護者である、と。カルマに縛られて不自由な段階にあるときも、解脱して自由自在になってからも、主の支えがなければ、生物は一瞬たりとも存在できないのです。バガヴァーンは至上のお方であり、そして主の永遠の友であるアルジュナもそこに集まっている王族たちも皆、それぞれ永遠の人なのです。はるかな過去からそれぞれ個人として存在し、そのようにして未来永劫に絶え間なく存在し続けるのです。したがって、個々の生物について悲しんだり嘆いたりする必要は全くありません。

The Māyāvādī theory that after liberation the individual soul, separated by the covering of māyā, or illusion, will merge into the impersonal Brahman and lose its individual existence is not supported herein by Lord Kṛṣṇa, the supreme authority. Nor is the theory that we only think of individuality in the conditioned state supported herein. Kṛṣṇa clearly says herein that in the future also the individuality of the Lord and others, as it is confirmed in the Upaniṣads, will continue eternally. This statement of Kṛṣṇa’s is authoritative because Kṛṣṇa cannot be subject to illusion. If individuality were not a fact, then Kṛṣṇa would not have stressed it so much – even for the future. The Māyāvādī may argue that the individuality spoken of by Kṛṣṇa is not spiritual, but material. Even accepting the argument that the individuality is material, then how can one distinguish Kṛṣṇa’s individuality? Kṛṣṇa affirms His individuality in the past and confirms His individuality in the future also. He has confirmed His individuality in many ways, and impersonal Brahman has been declared to be subordinate to Him. Kṛṣṇa has maintained spiritual individuality all along; if He is accepted as an ordinary conditioned soul in individual consciousness, then His Bhagavad-gītā has no value as authoritative scripture. A common man with all the four defects of human frailty is unable to teach that which is worth hearing. The Gītā is above such literature. No mundane book compares with the Bhagavad-gītā. When one accepts Kṛṣṇa as an ordinary man, the Gītā loses all importance. The Māyāvādī argues that the plurality mentioned in this verse is conventional and that it refers to the body. But previous to this verse such a bodily conception is already condemned. After condemning the bodily conception of the living entities, how was it possible for Kṛṣṇa to place a conventional proposition on the body again? Therefore, individuality is maintained on spiritual grounds and is thus confirmed by great ācāryas like Śrī Rāmānuja and others. It is clearly mentioned in many places in the Gītā that this spiritual individuality is understood by those who are devotees of the Lord. Those who are envious of Kṛṣṇa as the Supreme Personality of Godhead have no bona fide access to the great literature. The nondevotee’s approach to the teachings of the Gītā is something like that of a bee licking on a bottle of honey. One cannot have a taste of honey unless one opens the bottle. Similarly, the mysticism of the Bhagavad-gītā can be understood only by devotees, and no one else can taste it, as it is stated in the Fourth Chapter of the book. Nor can the Gītā be touched by persons who envy the very existence of the Lord. Therefore, the Māyāvādī explanation of the Gītā is a most misleading presentation of the whole truth. Lord Caitanya has forbidden us to read commentations made by the Māyāvādīs and warns that one who takes to such an understanding of the Māyāvādī philosophy loses all power to understand the real mystery of the Gītā. If individuality refers to the empirical universe, then there is no need of teaching by the Lord. The plurality of the individual soul and the Lord is an eternal fact, and it is confirmed by the Vedas as above mentioned.

マーヤーヴァーディーと呼ばれている学説があります。マーヤーにつまり幻覚、迷妄に覆われているために個々に分かれている魂は、マーヤーを引き剥がして自由になると非人格的宇宙存在原理であるブラフマンに溶け込んで個別性を失う、という理論なのですが、これは最高の権威、主クリシュナによって、ここで支持されていません。といって時間や空間その他に制約された状態での個別性を考えるだけでいい、という学説もまた支持されません。クリシュナははっきりと言明してます。『ウパニシャッド』で確認されているように、主、及び人々の個別性は、未来も永遠に存在し続ける、と。クリシュナのこの声明には絶対の権威があります。なぜなら、クリシュナは絶対に幻覚や迷妄の影響を受けることがないので。もし個別性というものが本当でないのなら、クリシュナがそのことを未来にわたってまでも、これほど強調されるはずがありません。マーヤーヴァーディは、ここでクリシュナが言われた、個別性なるものは、精神的なものでなく、物質的、肉体上のものであると主張するかもしれません。もしそうだとしたら、クリシュナ自体はどうなるのでしょう。クリシュナは自ら過去における個別性を断言し、また未来における個別性をも確認されました。彼は様々に確認なさっています。非人格的なブラフマンは彼に従属している、と宣言されています。クリシュナは精神的な個別性をずっと保ち続けています。もし彼が各個の生物と同じような意識をもった制約された魂の一つだとすれば、彼の語ったギーターなどは権威ある聖典としての値打ちはないでしょう。人間としての欠点や弱さを持つ普通の人は、耳を傾けて聴くに値するような内容を他人に説教することなど、到底出来ません。バガヴァッドギーターは普通の人が書いた普通の文字や哲学とは全く種類の違うものなのです。もしクリシュナが私たちと同じ人間であれば、バガヴァッド・ギーターはさほど重要視する必要はありません。マーヤーヴァーディーはこの節に述べられている複数形の形を、作文上の習慣的、形式的なもので、もちろん肉体のことを言っているのだ、と主張します。ですが、すでに前の節で肉体的な意識は完全に否定されています。生物を物質的、肉体的側面からだけ見る考え方をはっきりと否定した後でクリシュナともあろう御方が、形式だからといって前言をひるがえすようなことをするでしょうか。したがってここの複数形はあくまで精神的立場のことを言っているのです。これはシュリー・ラーマーヌジャのような偉大なグルたちも明言しています。またギーターの各所に、主の献身者たちがこのことをよく了解するとはっきり書いてあります。ある種の嫉妬と羨望の気持ちから、クリシュナがバガヴァーンであることに異論のある人々は、この古今無比の著作の真意に触れることはできません。非献身者がギーターの教えを理解しようとする場合、それは蜜の壷の縁をなめている蜂に似ています。壷の中に入って蜜そのものをなめなければ、蜜の味はわかりません。それと同じようにバガヴァッド・ギーターの神秘は、クリシュナの献身者にだけ理解できるのであって、そのほかの人々にはわかりません。これは第4章に述べられています。主の存在そのものに異論を唱える人々はこの本に触れることもできません。ですからマーヤーヴァーディーによるギーターの解説はまさに真理の歪曲で、人を誤らせるものだと言っても過言ではないでしょう。主チャイタンニャは私たちにマーヤーヴァーディーの書いた注解を読むな、とおっしゃいました。そしてマーヤーヴァーディーの哲学に頼っている人は、ギーターの神秘を会得する能力を、完全に失ってしまう、と警告されました。個別性というものが、五感で経験できる世界だけに限られているなら、主なる神がここでわざわざ教えをたれる必要はありません。神も個々の多数の魂たちも永遠の実在である、これは前述の諸ヴェーダにも明らかに記載されていることです。