Skip to main content

TEXT 75

第75節

Devanagari

Devanagari

व्यासप्रसादाच्छ्रुतवानेतद्‍गुह्यमहं परम् ।
योगं योगेश्वरात्कृष्णात्साक्षात्कथयत: स्वयम् ॥ ७५ ॥

Text

テキスト

vyāsa-prasādāc chrutavān
etad guhyam ahaṁ param
yogaṁ yogeśvarāt kṛṣṇāt
sākṣāt kathayataḥ svayam
vyāsa-prasādāc chrutavān
etad guhyam ahaṁ param
yogaṁ yogeśvarāt kṛṣṇāt
sākṣāt kathayataḥ svayam

Synonyms

Synonyms

vyāsa-prasādāt — by the mercy of Vyāsadeva; śrutavān — have heard; etat — this; guhyam — confidential; aham — I; param — the supreme; yogam — mysticism; yoga-īśvarāt — from the master of all mysticism; kṛṣṇāt — from Kṛṣṇa; sākṣāt — directly; kathayataḥ — speaking; svayam — personally.

vyāsa-prasādāt — ヴャーサデーヴァの慈悲によって; śrutavān — 聞いた; etat — この; guhyam — 内密な; aham —私;param — 至上の; yogam — 神秘主義; yoga-īśvarāt — 全ての神秘主義の支配者から; kṛṣṇāt — クリシュナから; sākṣāt— 直接に; kathayataḥ — 語って; svayam — 個人的に

Translation

Translation

By the mercy of Vyāsa, I have heard these most confidential talks directly from the master of all mysticism, Kṛṣṇa, who was speaking personally to Arjuna.

全神秘主義者の支配者クリシュナがアルジュナに直接語られた最も内密な言葉を、私はヴャーサの慈悲により直接聞くことができました。

Purport

Purport

Vyāsa was the spiritual master of Sañjaya, and Sañjaya admits that it was by Vyāsa’s mercy that he could understand the Supreme Personality of Godhead. This means that one has to understand Kṛṣṇa not directly but through the medium of the spiritual master. The spiritual master is the transparent medium, although it is true that the experience is still direct. This is the mystery of the disciplic succession. When the spiritual master is bona fide, then one can hear Bhagavad-gītā directly, as Arjuna heard it. There are many mystics and yogīs all over the world, but Kṛṣṇa is the master of all yoga systems. Kṛṣṇa’s instruction is explicitly stated in Bhagavad-gītā – surrender unto Kṛṣṇa. One who does so is the topmost yogī. This is confirmed in the last verse of the Sixth Chapter. Yoginām api sarveṣām.

ヴャーサはサンジャヤのグルであった。そしてヴャーサの慈悲によりバガヴァーンを理解したというサンジャヤの言葉は、人はクリシュナを直接理解するのではなくグルを通じて理解すべきであるということを意味している。体験は確かに直接的なものであるが、グルは透明な媒体である。これが師弟継承の神秘である。グルが正統ならば、弟子はアルジュナが聞いた『バガヴァッド・ギーター』をありのまま直接に聞くことができる。神秘主義者やヨーギーは全世界に多数存在するが、クリシュナが全ヨーガ・システムの支配者でいらっしゃる。「クリシュナに服従せよ」というクリシュナの教えは『バガヴァッド・ギーター』の中に明確に語られている。それに従う者は第6章の最後の部分でも確認できるように最高のヨーギーである。

Nārada is the direct disciple of Kṛṣṇa and the spiritual master of Vyāsa. Therefore Vyāsa is as bona fide as Arjuna because he comes in the disciplic succession, and Sañjaya is the direct disciple of Vyāsa. Therefore by the grace of Vyāsa, Sañjaya’s senses were purified, and he could see and hear Kṛṣṇa directly. One who directly hears Kṛṣṇa can understand this confidential knowledge. If one does not come to the disciplic succession, he cannot hear Kṛṣṇa; therefore his knowledge is always imperfect, at least as far as understanding Bhagavad-gītā is concerned.

ヴャーサはサンジャヤのグルであった。そしてヴャーサの慈悲によりバガヴァーンを理解したというサンジャヤの言葉は、人はクリシュナを直接理解するのではなくグルを通じて理解すべきであるということを意味している。体験は確かに直接的なものであるが、グルは透明な媒体である。これが師弟継承の神秘である。グルが正統ならば、弟子はアルジュナが聞いた『バガヴァッド・ギーター』をありのまま直接に聞くことができる。神秘主義者やヨーギーは全世界に多数存在するが、クリシュナが全ヨーガ・システムの支配者でいらっしゃる。「クリシュナに服従せよ」というクリシュナの教えは『バガヴァッド・ギーター』の中に明確に語られている。それに従う者は第6章の最後の部分でも確認できるように最高のヨーギーである。

In Bhagavad-gītā, all the yoga systems – karma-yoga, jñāna-yoga and bhakti-yoga – are explained. Kṛṣṇa is the master of all such mysticism. It is to be understood, however, that as Arjuna was fortunate enough to understand Kṛṣṇa directly, so, by the grace of Vyāsa, Sañjaya was also able to hear Kṛṣṇa directly. Actually there is no difference between hearing directly from Kṛṣṇa and hearing directly from Kṛṣṇa via a bona fide spiritual master like Vyāsa. The spiritual master is the representative of Vyāsadeva also. Therefore, according to the Vedic system, on the birthday of the spiritual master the disciples conduct the ceremony called Vyāsa-pūjā.

『バガヴァッド・ギーター』ではカルマ・ヨーガ、ギャーナ・ヨーガ、バクティ・ヨーガと全ヨーガ体系が説明された。クリシュナがそのような全ての神秘主義の支配者でいらっしゃる。しかし私たちが理解すべきことは、アルジュナが幸福にもクリシュナを直接理解できたように、サンジャヤもまたヴャーサの慈悲によりクリシュナを直接聞くことができたことである。クリシュナから直接聞くことと、ヴャーサのような正統なグルから聞くことには全く違いがない。グルはまたヴャーサデーヴァの代表者でもある。それゆえグルの降誕日に弟子はヴャーサ・プージャ儀式を行うようヴェーダで指示されている。