Skip to main content

TEXT 28

第28節

Devanagari

Devanagari

अश्रद्धया हुतं दत्तं तपस्तप्‍तं कृतं च यत् ।
असदित्युच्यते पार्थ न च तत्प्रेत्य नो इह ॥ २८ ॥

Text

テキスト

aśraddhayā hutaṁ dattaṁ
tapas taptaṁ kṛtaṁ ca yat
asad ity ucyate pārtha
na ca tat pretya no iha
アシュラッダハヤーフタンダッタン
タパスタプタンクリタンチャヤト
アサディトュチャテパールタハ
ナチャタトプレテャノイハ

Synonyms

Synonyms

aśraddhayā — without faith; hutam — offered in sacrifice; dattam — given; tapaḥ — penance; taptam — executed; kṛtam — performed; ca — also; yat — that which; asat — false; iti — thus; ucyate — is said to be; pārtha — O son of Pṛthā; na — never; ca — also; tat — that; pretya — after death; na u — nor; iha — in this life.

aśraddhayā —信念なしに; hutam —供儀で捧げられた;dattam —与えられた; tapaḥ —苦行; taptam —行った;kṛtam —行った; ca — もまた; yat — ~であるもの; asat —偽りの; iti — このように; ucyate — ~であるといわれる; pārtha — プリターの息子よ; na —決して~でない; ca — もまた; tat — その; pretya —死後; na u —~もまた~でない; iha — 今世で

Translation

Translation

Anything done as sacrifice, charity or penance without faith in the Supreme, O son of Pṛthā, is impermanent. It is called asat and is useless both in this life and the next.

おおプリターの子よ、至上者に対する信念がなければ供儀、布施、苦行としてなされたものは全て、永遠ではない。それは「アサット」と呼ばれ、今生でも来世においても無益である。

Purport

Purport

Anything done without the transcendental objective – whether it be sacrifice, charity or penance – is useless. Therefore in this verse it is declared that such activities are abominable. Everything should be done for the Supreme in Kṛṣṇa consciousness. Without such faith, and without the proper guidance, there can never be any fruit. In all the Vedic scriptures, faith in the Supreme is advised. In the pursuit of all Vedic instructions, the ultimate goal is the understanding of Kṛṣṇa. No one can obtain success without following this principle. Therefore, the best course is to work from the very beginning in Kṛṣṇa consciousness under the guidance of a bona fide spiritual master. That is the way to make everything successful.

供儀、布施、苦行、他にいかなる活動であっても、超越的対象なしになされたことは無益である。それゆえこの節ではそのような活動は忌まわしいものと宣言されている。私たちはクリシュナ意識で全てのことを至上者のために行うべきである。そのような信念を持たず適切な指導を受けずになされた活動からはいかなる結果も期待できない。全てのヴェーダ教典では至上者に信念を持つことが薦められている。ヴェーダ知識の目標はクリシュナを理解することである。この原則に従わなければ、成功を納めることは誰にとっても不可能である。それゆえ最善の方法は第1の出発点から正統なグルの指導の下で活動することである。これが万事を成功させるための方法である。

In the conditional state, people are attracted to worshiping demigods, ghosts, or Yakṣas like Kuvera. The mode of goodness is better than the modes of passion and ignorance, but one who takes directly to Kṛṣṇa consciousness is transcendental to all three modes of material nature. Although there is a process of gradual elevation, if one, by the association of pure devotees, takes directly to Kṛṣṇa consciousness, that is the best way. And that is recommended in this chapter. To achieve success in this way, one must first find the proper spiritual master and receive training under his direction. Then one can achieve faith in the Supreme. When that faith matures, in course of time, it is called love of God. This love is the ultimate goal of the living entities. One should therefore take to Kṛṣṇa consciousness directly. That is the message of this Seventeenth Chapter.

束縛された状態では、人は神々、幽霊、クヴェーラのようなヤクシャを崇拝することに関心を持っている。徳の様式は激情や無知の様式より優れているが、クリシュナ意識を直接受け入れた人は物質自然の三様式を全く超越している。しだいに向上していくプロセスも存在するが、もし純粋な献身者と交際してクリシュナ意識を直接受け入れれば、それこそ最善の道である。これがこの章で薦められている要点である。この方法で成功するためには、まず正しいグルを見出してグルの指示の下で訓練を受けることが必要である。そのようにすれば至上者に信念を持つようになり、しだいにその信念は大きくなり、やがて神の愛となる。そしてこの愛こそが生命体の究極的目標である。それゆえ人は直接クリシュナ意識を受け入れるべきである。これが第17章で教えられている重要点である

Thus end the Bhaktivedanta Purports to the Seventeenth Chapter of the Śrīmad Bhagavad-gītā in the matter of the Divisions of Faith.

以上、『シュリーマド・バガヴァッド・ギーター』第17章 “三種類の信念”に関するバクティ・ヴェーダンタの解説は終了。