Skip to main content

Chapter Fifteen

第15章

The Yoga of the Supreme Person

至上者のヨーガ

TEXT 1:
The Supreme Personality of Godhead said: It is said that there is an imperishable banyan tree that has its roots upward and its branches down and whose leaves are the Vedic hymns. One who knows this tree is the knower of the Vedas.
第1節:
バガヴァーンは言われた。――不滅のバニヤン樹があり、その根は上に向かい枝は下に伸びていて、その葉はヴェーダのマントラであるといわれている。
TEXT 2:
The branches of this tree extend downward and upward, nourished by the three modes of material nature. The twigs are the objects of the senses. This tree also has roots going down, and these are bound to the fruitive actions of human society.
第2節:
上下に広がる枝々は物質自然の三様式から養分を得ていて、無数の小枝は感覚の対象である。この樹はまた下方に伸びる根を持ち、これらの根は人間社会の果報的活動に結びついている。
TEXTS 3-4:
The real form of this tree cannot be perceived in this world. No one can understand where it ends, where it begins, or where its foundation is. But with determination one must cut down this strongly rooted tree with the weapon of detachment. Thereafter, one must seek that place from which, having gone, one never returns, and there surrender to that Supreme Personality of Godhead from whom everything began and from whom everything has extended since time immemorial.
第3・4節:
この世界ではこの樹の実際の姿は見えない。始まるところ、終わるところ、根ざすところ、すべて誰にもわからない。だが人は決意を持って、無執着の剣でこの強力な根を持つ樹を切り倒すべきである。そしてひとたび到達すれば戻る必要のない場所を捜し、そこで太古の昔から万物の源であり全てのものをその御体から発散させた御方であるバガヴァーンに服従せよ。
TEXT 5:
Those who are free from false prestige, illusion and false association, who understand the eternal, who are done with material lust, who are freed from the dualities of happiness and distress, and who, unbewildered, know how to surrender unto the Supreme Person attain to that eternal kingdom.
第5節:
偽の名声を求めず、幻想や誤った交際を捨て、永遠性を理解し、物欲を持たず、苦楽の二元性を超越し、惑わされることなく、そして至上主に服従する術(すべ)を知る者は主の永遠の王国に達する。
TEXT 6:
That supreme abode of Mine is not illumined by the sun or moon, nor by fire or electricity. Those who reach it never return to this material world.
第6節:
私の住む思考の楽郷(くに)は太陽、月、火や電気に照らされているのではない。そこに達した者は決して再び物質界に戻ることはない。
TEXT 7:
The living entities in this conditioned world are My eternal fragmental parts. Due to conditioned life, they are struggling very hard with the six senses, which include the mind.
第7節:
この束縛された政界にいる生命体は、私の永遠なる極微部分である。その生命体たちは束縛されているために、心を含む六感覚のために苦闘している。
TEXT 8:
The living entity in the material world carries his different conceptions of life from one body to another, as the air carries aromas. Thus he takes one kind of body and again quits it to take another.
第8節:
物質界にいる生命体は、風が芳香を運ぶように各々の様々な生命概念を次の体に運ぶ。このように生命体は様々な種類の体を点々と旅するのである。
TEXT 9:
The living entity, thus taking another gross body, obtains a certain type of ear, eye, tongue, nose and sense of touch, which are grouped about the mind. He thus enjoys a particular set of sense objects.
第9節:
生命体が次の体の粗厚体を得ると、ある特定の耳、眼、舌、鼻、触感が心のまわりに形成される。このようにして生命体は特定の感覚対象を享楽するのである。
TEXT 10:
The foolish cannot understand how a living entity can quit his body, nor can they understand what sort of body he enjoys under the spell of the modes of nature. But one whose eyes are trained in knowledge can see all this.
第10節:
生命体がどのようにして体を離れ、そして物質自然の三様式の支配下でどのような種類の体を享受するか愚者には理解できない。しかし知識の眼を持つ者はこれら全てを見ることができる。
TEXT 11:
The endeavoring transcendentalists who are situated in self-realization can see all this clearly. But those whose minds are not developed and who are not situated in self-realization cannot see what is taking place, though they may try.
第11節:
修行に励み自己を悟った超越主義者たちは、この事実を明らかに知っている。だが心が未熟で自悟(さとり)に至らぬ者たちは、努力しても実際に何が思起こっているのか理解できない。
TEXT 12:
The splendor of the sun, which dissipates the darkness of this whole world, comes from Me. And the splendor of the moon and the splendor of fire are also from Me.
第12節:
全世界の闇を消す太陽の光はわたしから発している。そして月の輝き、火の光もわたしから発しているのである。
TEXT 13:
I enter into each planet, and by My energy they stay in orbit. I become the moon and thereby supply the juice of life to all vegetables.
第13節:
わたしはひとつひとつの惑星に入り、わたしのエネルギーで惑星の軌道を回る。わたしは月となって全ての野菜に滋味豊かな生命の水を与える。
TEXT 14:
I am the fire of digestion in the bodies of all living entities, and I join with the air of life, outgoing and incoming, to digest the four kinds of foodstuff.
第14節:
わたし全生命体の体内にある消化を司る火であり、出入りする生命の気と合してわたしは4種類の食物を消化する。
TEXT 15:
I am seated in everyone’s heart, and from Me come remembrance, knowledge and forgetfulness. By all the Vedas, I am to be known. Indeed, I am the compiler of Vedānta, and I am the knower of the Vedas.
第15節:
私は全ての人のハートの中に住み、記憶と知識と忘却を与える。全ヴェーダは私を知るためにあり、私が全ヴェーダを知り、私がヴェーダンタの編纂者である。
TEXT 16:
There are two classes of beings, the fallible and the infallible. In the material world every living entity is fallible, and in the spiritual world every living entity is called infallible.
第16節:
誤つものと誤たぬ者という2つの生命体が存在する。物質界の生命体は全て誤つ者であり、精神界の生命体は全て誤たぬ者とよばれている。
TEXT 17:
Besides these two, there is the greatest living personality, the Supreme Soul, the imperishable Lord Himself, who has entered the three worlds and is maintaining them.
第17節:
これらふたつの者たちとは別に、最も偉大なる生命体が実在する。その至上の魂、不滅の主自身が三界に入ってそれら全てを支えている。
TEXT 18:
Because I am transcendental, beyond both the fallible and the infallible, and because I am the greatest, I am celebrated both in the world and in the Vedas as that Supreme Person.
第18節:
わたしは誤つ者、誤たぬ者を超越した最も偉大な実在者である。わたしは世界中で、またヴェーダの中で至上者と称えられている。
TEXT 19:
Whoever knows Me as the Supreme Personality of Godhead, without doubting, is the knower of everything. He therefore engages himself in full devotional service to Me, O son of Bharata.
第19節:
わたしがバガヴァーンであることを知る者は疑いなく全てのことを知る。バラタの子よ、ゆえにそのような者は完全な献身奉仕を行う。
TEXT 20:
This is the most confidential part of the Vedic scriptures, O sinless one, and it is disclosed now by Me. Whoever understands this will become wise, and his endeavors will know perfection.
第20節:
罪なき者よ、これがヴェーダ経典の中で最も神秘的な部分であり、今私がそれを語った。これを理解する者は賢者となり、やがて究極の目的を達するであろう。