Skip to main content

TEXT 16

第16節

Devanagari

Devanagari

द्वाविमौ पुरुषौ लोके क्षरश्चाक्षर एव च ।
क्षर: सर्वाणि भूतानि कूटस्थोऽक्षर उच्यते ॥ १६ ॥

Text

テキスト

dvāv imau puruṣau loke
kṣaraś cākṣara eva ca
kṣaraḥ sarvāṇi bhūtāni
kūṭa-stho ’kṣara ucyate
ドオワw イマウ プルシャウ ロケ
クシャラsh チャクシャラ エワ チャ
クシャラハ サルワニ ブタニ
クタ-スト 'クシャラ ウチャヤテ

Synonyms

Synonyms

dvau — two; imau — these; puruṣau — living entities; loke — in the world; kṣaraḥ — fallible; ca — and; akṣaraḥ — infallible; eva — certainly; ca — and; kṣaraḥ — fallible; sarvāṇi — all; bhūtāni — living entities; kūṭa-sthaḥ — in oneness; akṣaraḥ — infallible; ucyate — is said.

dvau —二つ; imau — これらの; puruṣau — 生命体; loke —世界に; kṣaraḥ — 誤りやすい; ca — そして; akṣaraḥ — 誤ることのない;eva — 確かに; ca — そして; kṣaraḥ —誤りやすい; sarvāṇi —全ての;bhūtāni — 生命体; kūṭa-sthaḥ — 一つであること; akṣaraḥ — 誤ることのない; ucyate — ~であると言われる

Translation

Translation

There are two classes of beings, the fallible and the infallible. In the material world every living entity is fallible, and in the spiritual world every living entity is called infallible.

誤つものと誤たぬ者という2つの生命体が存在する。物質界の生命体は全て誤つ者であり、精神界の生命体は全て誤たぬ者とよばれている。

Purport

Purport

As already explained, the Lord in His incarnation as Vyāsadeva compiled the Vedānta-sūtra. Here the Lord is giving, in summary, the contents of the Vedānta-sūtra. He says that the living entities, who are innumerable, can be divided into two classes – the fallible and the infallible. The living entities are eternally separated parts and parcels of the Supreme Personality of Godhead. When they are in contact with the material world they are called jīva-bhūta, and the Sanskrit words given here, kṣaraḥ sarvāṇi bhūtāni, mean that they are fallible. Those who are in oneness with the Supreme Personality of Godhead, however, are called infallible. Oneness does not mean that they have no individuality, but that there is no disunity. They are all agreeable to the purpose of the creation. Of course, in the spiritual world there is no such thing as creation, but since the Supreme Personality of Godhead, as stated in the Vedānta-sūtra, is the source of all emanations, that conception is explained.

既に説明したように、至上主はヴャーサデーヴァとして化身し『ヴェーダーンタ・スートラ』を編纂された。ここで主は『ヴェーダーンタ・スートラ』の内容を要約してくださる。無数の生命体は誤つ者と誤たぬ者という2種類に分類される。生命体は永久にバガヴァーンの一部分なのであるが、物質界と接触したときにはジーヴァブータと呼ばれるようになり、ここにあるクシャラハ・サルヴァ・ブーターニというサンスクリット語は「それらの者たちは誤ちを犯す」という意味である。しかしバガヴァーンとひとつになっている者たちは「決して誤たぬ者」と呼ばれている。ひとつになるとは各々が個別性を失うことではなく、それぞれが個別性を持ったまま調和していることである。主とひとつになっている者たちは創造の目的に反することはない。もちろん精神界が創造されるということはあり得ないが、『ヴェーダーンタ・スートラ』にも話されているようにバガヴァーンが全被創造物の根源でいらっしゃるのです。

According to the statement of the Supreme Personality of Godhead, Lord Kṛṣṇa, there are two classes of living entities. The Vedas give evidence of this, so there is no doubt about it. The living entities who are struggling in this world with the mind and five senses have their material bodies, which are changing. As long as a living entity is conditioned, his body changes due to contact with matter; matter is changing, so the living entity appears to be changing. But in the spiritual world the body is not made of matter; therefore there is no change. In the material world the living entity undergoes six changes – birth, growth, duration, reproduction, then dwindling and vanishing. These are the changes of the material body. But in the spiritual world the body does not change; there is no old age, there is no birth, there is no death. There all exists in oneness. Kṣaraḥ sarvāṇi bhūtāni: any living entity who has come in contact with matter, beginning from the first created being, Brahmā, down to a small ant, is changing its body; therefore they are all fallible. In the spiritual world, however, they are always liberated in oneness.

バガヴァーン、クリシュナの御言葉によれば、2種類の生命体が存在する。ヴェーダ文典にもこれは証されているので、疑いの余地はない。心と五感を通してこの世界で苦闘している生命体は絶えず変化するものなのである。物質は常に変化する性質を持つので、生命体も絶えず変化しているように見える。しかし精神界においては生命体の体が物質でできていないので、それが変化することは決してない。物質界では生命体は誕生、成長、持続、生殖、衰縮、消滅という6変化を経過しなければならず、これらが物質の体の経験する諸変化である。しかし精神界では体が物質でできていないので体は変化しない。老いも、誕生も、死もなく、全てのもののが調和して存在している。いかなる生命体であっても物質と接触した者は、最初の被創造者であるブラフマーから小さな蟻に至るまで体が常に変化している。したがいそのような生命体は全て誤ちを免れない存在であるが、精神界ではあらゆる生命体が調和の中で存在している。