Skip to main content

TEXT 18

第18節

Devanagari

Devanagari

ज्योतिषामपि तज्ज्योतिस्तमस: परमुच्यते ।
ज्ञानं ज्ञेयं ज्ञानगम्यं हृदि सर्वस्य विष्ठितम् ॥ १८ ॥

Text

テキスト

jyotiṣām api taj jyotis
tamasaḥ param ucyate
jñānaṁ jñeyaṁ jñāna-gamyaṁ
hṛdi sarvasya viṣṭhitam
jyotiṣām api taj jyotis
tamasaḥ param ucyate
jñānaṁ jñeyaṁ jñāna-gamyaṁ
hṛdi sarvasya viṣṭhitam

Synonyms

Synonyms

jyotiṣām — in all luminous objects; api — also; tat — that; jyotiḥ — the source of light; tamasaḥ — the darkness; param — beyond; ucyate — is said; jñānam — knowledge; jñeyam — to be known; jñāna-gamyam — to be approached by knowledge; hṛdi — in the heart; sarvasya — of everyone; viṣṭhitam — situated.

jyotiṣām — 全ての光るものの中で; api — もまた; tat — その;jyotiḥ — 光の源; tamasaḥ — 闇; param—~を超えて; ucyate — ~と言われる; jñānam — 知識; jñeyam— 知られること; jñāna-gamyam — 知識によって近づけること; hṛdi — ハートに; sarvasya — 全ての人の;viṣṭhitam — 位置して

Translation

Translation

He is the source of light in all luminous objects. He is beyond the darkness of matter and is unmanifested. He is knowledge, He is the object of knowledge, and He is the goal of knowledge. He is situated in everyone’s heart.

主は全ての光るものの光の源であり、物質性の闇を超え、不顕現である。主は知識、知識の対象、知識の目的で、各自のハートに住んでいる。

Purport

Purport

The Supersoul, the Supreme Personality of Godhead, is the source of light in all luminous objects like the sun, moon and stars. In the Vedic literature we find that in the spiritual kingdom there is no need of sun or moon, because the effulgence of the Supreme Lord is there. In the material world that brahma-jyotir, the Lord’s spiritual effulgence, is covered by the mahat-tattva, the material elements; therefore in this material world we require the assistance of sun, moon, electricity, etc., for light. But in the spiritual world there is no need of such things. It is clearly stated in the Vedic literature that because of His luminous effulgence, everything is illuminated. It is clear, therefore, that His situation is not in the material world. He is situated in the spiritual world, which is far, far away in the spiritual sky. That is also confirmed in the Vedic literature. Āditya-varṇaṁ tamasaḥ parastāt (Śvetāśvatara Upaniṣad 3.8). He is just like the sun, eternally luminous, but He is far, far beyond the darkness of this material world.

 スーパーソウル、すなわちバガヴァーンは太陽、月、星などあらゆる光り輝くこのの光の源でいらっしゃる。ヴェーダ文典では、精神界には太陽や月がないと述べられている。精神界には至上主の光輝が存在するからである。この物質界においては主の精神的光輝ブラフマジョーティが物質要素マハト・タットヴァで覆われているために、私たちは太陽や月や電気を必要とする。しかし精神界にはそのようなものは全く必要ない、主の光輝により全てのものが照らされているとヴェーダ文典に明確に述べられている。それゆえ主は物質界に位置していらっしゃるのではないことが明らかである。主は精神空間のはるか上方、精神界にいらっしゃるのである。これもヴェーダ文典に確認されていることである。主はまさに太陽のように永遠に輝いていらっしゃる。しかし主は物質界のはるか彼方にいらっしゃるのである。 

His knowledge is transcendental. The Vedic literature confirms that Brahman is concentrated transcendental knowledge. To one who is anxious to be transferred to that spiritual world, knowledge is given by the Supreme Lord, who is situated in everyone’s heart. One Vedic mantra (Śvetāśvatara Upaniṣad 6.18) says, taṁ ha devam ātma-buddhi-prakāśaṁ mumukṣur vai śaraṇam ahaṁ prapadye. One must surrender unto the Supreme Personality of Godhead if he at all wants liberation. As far as the goal of ultimate knowledge is concerned, it is also confirmed in Vedic literature: tam eva viditvāti mṛtyum eti. “Only by knowing Him can one surpass the boundary of birth and death.” (Śvetāśvatara Upaniṣad 3.8)

 至上主の知識は超越的である。ヴェーダ文典は、ブラフマンが超越的知識の凝集したものであると述べている。精神界に移りたいと切望している人には各自のハートに住んでおられる至上主がそのための知識を授けて下さる。ヴェーダのマントラ(『シュヴェーターシュヴァタラ・ウパニシャド』6-16)には「もし人が真実に解放を希(ねが)うならばバガヴァーンに完全に服従しなければならない」と述べられている。究極知識の目的についてはヴェーダ文典(『シュヴェーターシュヴァタラ・ウパニシャド』3-8)に至上主を知ることによってのみ生死を超越することができると述べられている。

He is situated in everyone’s heart as the supreme controller. The Supreme has legs and hands distributed everywhere, and this cannot be said of the individual soul. Therefore that there are two knowers of the field of activity – the individual soul and the Supersoul – must be admitted. One’s hands and legs are distributed locally, but Kṛṣṇa’s hands and legs are distributed everywhere. This is confirmed in the Śvetāśvatara Upaniṣad (3.17): sarvasya prabhum īśānaṁ sarvasya śaraṇaṁ bṛhat. That Supreme Personality of Godhead, Supersoul, is the prabhu, or master, of all living entities; therefore He is the ultimate shelter of all living entities. So there is no denying the fact that the Supreme Supersoul and the individual soul are always different.

 至上主は至上の支配者として全てのもののハートの中に住んでいらっしゃる。主は全ての場所に遍在する手足を持っていらっしゃるが、これは個別魂についてはあてはまらない。したがい2種類の知田者――個別魂とスーパーソウル――が存在することを私たちは認めなければならない。人の手足は局部的であるが、クリシュナの手足は全ての場所に遍在している。このことも『シュヴェーターシュヴァタラ・ウパニシャド』(3-17)で確認されている。すなわちバガヴァーン、スーパーソウルは全生命体のプラブつまり主人であり、それゆえ全生命体にとっての究極的な保護の地でいらっしゃる。ゆえに個別魂とスーパーソウルは常に異なるという事実を否定することはできない。