Skip to main content

TEXT 8

第8節

Devanagari

Devanagari

मय्येव मन आधत्स्व मयि बुद्धिं निवेशय ।
निवसिष्यसि मय्येव अत ऊर्ध्वं न संशय: ॥ ८ ॥

Text

テキスト

mayy eva mana ādhatsva
mayi buddhiṁ niveśaya
nivasiṣyasi mayy eva
ata ūrdhvaṁ na saṁśayaḥ
マyy エワ マナ アダツワ
マイ ブデエマ ニヱシャヤ
ニワsイシュヤsイ マyy エワ
アタ ウrダワマ ナ サマシャヤハ

Synonyms

Synonyms

mayi — upon Me; eva — certainly; manaḥ — mind; ādhatsva — fix; mayi — upon Me; buddhim — intelligence; niveśaya — apply; nivasiṣyasi — you will live; mayi — in Me; eva — certainly; ataḥ ūrdhvam — thereafter; na — never; saṁśayaḥ — doubt.

mayi — 私に; eva — 確かに; manaḥ — 心に; ādhatsva— 固定する; mayi —私に; buddhim —知性; niveśaya — 適用する; nivasiṣyasi — 君は生きるだろう; mayi — 私の中に; eva — 確かに; ataḥ ūrdhvam — その後; na —決して~でない; saḿśayaḥ— 疑い

Translation

Translation

Just fix your mind upon Me, the Supreme Personality of Godhead, and engage all your intelligence in Me. Thus you will live in Me always, without a doubt.

心をバガヴァーンである私に固く結びつけ、知性のすべてを私のために使え。そうすることによって疑いなく君は私のなかに常に住んでいるのだ。

Purport

Purport

One who is engaged in Lord Kṛṣṇa’s devotional service lives in a direct relationship with the Supreme Lord, so there is no doubt that his position is transcendental from the very beginning. A devotee does not live on the material plane – he lives in Kṛṣṇa. The holy name of the Lord and the Lord are nondifferent; therefore when a devotee chants Hare Kṛṣṇa, Kṛṣṇa and His internal potency are dancing on the tongue of the devotee. When he offers Kṛṣṇa food, Kṛṣṇa directly accepts these eatables, and the devotee becomes Kṛṣṇa-ized by eating the remnants. One who does not engage in such service cannot understand how this is so, although this is a process recommended in the Bhagavad-gītā and in other Vedic literatures.

主クリシュナに献身奉仕をしている人は、至上主と直接に結ばれて生活しているから、彼の立場は全くはじめから物質段階を超えていることに疑いない。物質段階に住んでいない献身者は――すなわちクリシュナのなかに住んでいるのである。主の聖なる御名と主御自身とは不異(おなじ)なのだから、献身者がハレー・クリシュナを唱えているときはクリシュナとクリシュナの内なる勢力が献身者の舌の上で踊っているのだ。彼がクリシュナに食物を捧げると、クリシュナはそれをお受けになる。そして、そのお下がりを食べることによって彼はクリシュナ化されていく。これは『バガヴァッド・ギーター』および他のヴェーダ文典で推奨されている方法なのだが、実際に実行してみないと、どうしてそうなるのかということが理解できないのだ。